ディスク使用率が100%になる時の対処法 |Windows 11

「パソコンの動作が重くなり、応答が遅いと思って、タスクマネージャーで確認すると、ディスク使用率が高く、最悪の場合は100%になりました。」

上記の状況がありますか?今回の記事は、Windows 11でディスク使用率が100%になる時の対処法を詳しく紹介します。最後まで読みましょう!

*ディスク使用率が高いのは、要因が複雑で、一定的なリスクがありますので、自己責任でお願いします。


目次


Windows11でディスク使用率を確認する方法

問題を解決する前に、まず、Windows11でディスク使用率を確認する方法を身につけるのが必要です。

以下は確認する手順を紹介します。

1.「スタート」を右クリックして、「タスクマネージャー」を選択します。

2.タスクマネージャーでディスク使用率を確認できます。

対処法① Sysmain サービスを無効にする

Sysmainというサービスは、ユーザーが普段よく使うアプリを高速に起動できるように存在です。パソコンの使用を快適にするため使っても、場合によって、逆にトラブルを引き起こして、ディスク使用率が100%になるケースもあります。

以下は、SysMain サービスを無効にする手順を紹介します。

1.キーボードで「Win」+「R」を同時に押して、「services.msc」を入力して、「OK」をクリックします。

2.「SysMain」を探して、右クリックして、「停止」をクリックします。

対処法② デバイスのドライバーを更新する

デバイスのドライバーが古くなり、不具合があれば、ディスク使用率が100%になるなど、パソコンが色々な問題が出します。その時、できるだけ早くドライバーを更新します。

以下は、二つの方法を紹介します。

手動

デバイスマネージャーでデバイスのドライバーを更新できます。更新したいドライバーを右クリックして、「ドライバーの更新」をクリックします。そのステップを繰り返して、全てのドライバーを更新します。

ドライバーの数量が多いので、手動的に更新するのは時間をかかります。そして、デバイスマネージャーで更新するドライバーは、最新最適なドライバーではない場合もあります。まだ不具合があれば、デバイスのメーカーの公式ウェブサイトで最新なドライバーをダウンロードするほうがいいです。

自動

ここは「Driver Easy」を利用する必要があります。

「Driver Easy」とは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。

特にPro版が技術を頼り、繰り返して更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。確実にソフトを見ることがいらなく、操作が簡単で、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。

「Driver Easy」を長期的に利用して、以下のことを実現できます。

  • すべてのドライバーを一回で自動更新
  • 最新的な認証取得されたドライバーを更新
  • 短い修復時間
  • 快適な使用体験
  • PCに長期的な健康ケア
  • 安心的な技術サポート

以下は、「Driver Easy」で自動更新を実現する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」(大きい緑ボタン)をクリックします。

3.スキャンすると、更新必要なドライバーがリストに表示されます。

FREE(数量が多い時、繰り返して更新が必要)

更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックします。指示を従って更新します。

Pro(ワンクリックですべて更新)

右下の「すべて更新」をクリックして更新します。

(この機能がPro版の環境だけで実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能ですので、ご安心ください。)

4.更新すると、タスクマネージャーでディスク使用率を確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡 ください。

対処法③ ウイルス対策ソフトを無効にする

ウィルス対策ソフトを運行することは、ディスク使用率を高めて悪い影響をかけるのが多いです。一旦ウイルス対策ソフトを無効にして、ディスク使用率を確認します。

ウイルスに感染することもディスク使用率を高めますので、無効にする前に、パソコンがウイルスに感染されるかどうかを確認します。

対処法④ Windows Updateで更新プログラムを実行する

Windowsのシステムに不具合があれば、ディスク使用率が異常に高くなることがありますので、ディスク使用率が100%になる時、Windows Updateで更新プログラムを実行してみてください。

以下は、更新する手順を紹介します。

1.「スタート」を右クリックして、「設定」をクリックします。

2.システムです。「Windows Update」を選択します。

3.「更新プログラムのチェック」をクリックして、更新できるかどうかを確認します。更新できるプログラムがあれば、ダウンロードしてインストールします。

対処法⑤ 仮想メモリの設定を変更する

仮想メモリとは、ハードウェアの一部のメモリを分けて、ファイルを作成することです。ディスク使用率が100%になり、パソコンが頻繫に重くなる時、仮想メモリの設定を変更するのが役に立ちます。

以下は、仮想メモリの設定を変更する手順を紹介します。

1.キーボードで「Win」+「R」を同時に押して、ランボックスで「SystemPropertiesAdvanced」を入力します。「OK」をクリックします。

2.「詳細設定」のタブを選択します。「パフォーマンス」「設定」をクリックします。

3.パフォーマンス オプションです。「詳細設定」のタブを選択します。「変更」をクリックします。

4.「すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する」前のチェックを外にします。

5.「カスタム サイズ」前のチェックを入れます。初期サイズと最大サイズを入力します。

初期サイズは、下に推奨される数値を入力します。

最大サイズは、一般物理メモリのサイズの1.5倍の数値を入力します。

ここは、初期サイズを「2924」、最大サイズを「12288」を例として設定します。

そして、「設定」をクリックして、「OK」をクリックします。

6.キーボードで「Win」+「R」を同時に押して、「temp」を入力して「OK」をクリックします。

7.キーボードで「Ctrl」+「A」を同時に押して、すべての項目を選択します。上のゴミ箱のアイコンをクリックして削除します。

対処法⑥ クリーンブートを起動する

クリーンブートを起動すると、干渉を減らし、最小限でWindowsを起動することができ、パソコンへの負担も減少します。

*この方法は時間をかかりますので、ご注意ください。

以下は、クリーンブートを起動する手順を紹介します。

1.「Win」+「R」を同時に押して、「msconfig」を入力して、「OK」をクリックします。

2.「サービス」のタブを選択します。「Microsoft のサービスをすべて隠す」前のチェックを入れます。サービス前のチェックをすべて入れる状態で「すべて無効」をクリックします。「OK」をクリックします。

3.同じ画面で「スタートアップ」のタブを選択します。「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

4.今利用する必要がないプロセスを右クリックして、「無効化」をクリックします。そして、右上の「×」をクリックして、先のページに戻ります。

5.タスクマネージャーでの設定が完了すると、以下の画面で「OK」をクリックして設定を保存します。


以上は、Windows 11で、ディスク使用率が100%になる時の対処法を説明しました。お役に立てれば幸いです。他の方法があれば、ぜひ下のコメント欄でお気軽にコメントします。

関連記事 

Windows 10向け:

Static Image

いいね!