Wi-Fi ドライバーが消えた?六つの対処法|Windows 10

Windows10でPCを利用する時、デバイスマネージャーを開き、Wi-Fiドライバー(つまりネットワークアダプター)を確認し、ドライバーが消えたことがありますか。

この記事は、Wi-Fiドライバーが消えたトラブルに対して、六つの対処法を教えます。ステップバイステップで操作しましょう!


目次


非表示のデバイスを表示する

ある時、Wi-Fiドライバーが本当に消えなくて、ただ隠されました。だからこそ、まず非表示のデバイスを表示してネットワークアダプターがあるかどうかを確認します。

1.「スタート」を右クリックして、「デバイスマネージャー」をクリックします。

2.「表示」をクリックします。「非表示のデバイスの表示」を選択します。

3.ネットワークアダプター前の矢をクリックします。多くのデバイスの中にワイヤレスネットワークアダプターがあるかどうかを確認します。

ネットワークのトラブルシューティングを実行する

ネットワークのトラブルシューティングツールを実行して、PCのネットワーク問題を発見できるかもしれません。次は手順を紹介します。

1.「スタート」を右クリックし、「設定」のギアマークをクリックします。

2.「ネットワークとインターネット」を選択します。

3.Windows10で、トラブルシューティングツールが自動的にトラブルシューティングできます。「ネットワークのトラブルシューティングツール」をクリックし、指示を従って実行します。

高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップが便利な機能ですが、エラーが生じることがよくあります。Wi-Fiドライバーが消えたのを見つける時、高速スタートアップを無効するのが方法の一つです。

1.「スタート」をクリックし、「設定」(ギアマーク)をクリックします。

2.「システム」をクリックします。

3.左側の「電源とスリープ」をクリックします。関連設定での「電源の追加設定」をクリックします。

4.「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

5.「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

6.「高速スタートアップを有効にする」前のチェックを入れます。「変更の保存」をクリックします。

ネットワークアダプターを更新する

ドライバーが古くなったら、普通な機能まで悪い影響が出ます。Wi-Fiドライバーが消えることも古いドライバーのせいかもしれません。

以下はを更新する二つの方法を紹介します。自分に合っている方法を選択して更新しましょう。

手動:デバイスマネージャーでのインターネットドライバーを選択して更新できます。指示に従って、手動でダウンロードしてインストールします。時間がかかるので、パソコン苦手な方は下の自動的に更新する方法を選択します。

自動:ここは「Driver Easy」をおすすめます。

「Driver Easy」はドライバー問題を専門的に解決するソフトで、自動的に最新ドライバーを選択できるし、手動より更新速度が速く、高効率でインターネットドライバーの問題を解決できます。

FREEとProも、自動的に更新できますが、Pro版がただマウス二回クリックで、すべての問題ドライバーの更新が完了できます。

インタネットドライバーのみならず、他のドライバー問題も解決できるので、更新する後ドライバー側の問題を考えなくでも大丈夫です。

以下は手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動し、「今すぐスキャン」をクリックして、古いドライバーを検出します。

3.検出されたドライバーがリストにしております。

FREE:リストで更新したいグラフィックドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで更新します。(この機能がPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了します。パソコンを再起動してネットワークアダプターを確認します。Wi-Fiドライバーがまだ見えなったら、次の方法を実行します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。​​

Winsockをリセットする

Winsockカタログが破損して、ネットワーク接続されたデバイス間でTCP/IPエラーが発生するケースがあります。その状況でWinsockをリセットして、ネットワーク環境を初期化して、Wi-Fiドライバーが消えた問題が解決できます。

しかし、この方法を実行する前にちゃんと考えなければなりません。完成すると、IPアドレスを設定すべきです。そして、PCによって、ネットの速度が遅くなり、ネットワークが利用できないかもしれません。

下はWinsockをリセットする手順を紹介します。

1.「Win」「R」を同時に押し、「cmd」をクリックします。

2.「netsh winsock reset」を入力して、「Enter」を押します。Winsockのリセットが完成します。PCを再起動して確認しましょう。

ネットワークカードを換える

設備自身が問題がある可能性があります。以上の対処法を試しても効果がなければ、新しいNIC、つまりネットワークカードを換えるのがおすすめます。


以上はWi-Fiドライバー・ネットワークアダプターが消えたときの対処法を詳しく紹介しました。お役に立てれば幸いです。

すべての方法を実行してまだ解決できない方もご心配なく、PC問題の要因が数多く、紹介した方法が実際的な状況に合わない場合がよくあります。自分で解決できない時、ぜひパソコン専門家や店と相談するのがおすすめます。

Static Image

いいね!