「Windows エラーコード 0x0」発生する時の対処法

パソコンを使用している時、Windows エラーコード 0x0 のため、今使っているプログラムが終了するのを見たことがありますか?システムファイルの破損、古いグラフィックドライバーなど、様々な原因があります。

本記事では、Windows エラーコード 0x0が発生する時の対処法を紹介します。


目次


グラフィックドライバーを更新する

定期的にグラフィックドライバーを更新することを忘れて、ドライバーが古くて不具合があったら、エラー0x0を含めて、色々なトラブルを引き起こします。以下はグラフィックドライバーを更新する二つの方法を紹介します。

手動

メーカーのホームページで手動で最新版のグラフィックドライバーをダウンロードしインストールできます。

以下はよく見られるグラフィクスカードメーカーのオフィシャルサイトを提供します。自分が今使っているグラフィクスカードによって、適用可能な最新バージョンのドライバーを選択し、指示に従ってダウンロードしてインストールします。

インストールが完成すると、パソコンを再起動して確認します。その過程は、時間がかかりますので、気長にお待ちしております。

自動

ここでは「Driver Easy」を利用する必要があります。

「Driver Easy」とは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。

スキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新する必要がなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約できます。

特にPro版は技術に頼り、繰り返し更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。操作が簡単で、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。長期的に利用すると、パソコンの健康を守ることができます。

以下は、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでグラフィックドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての問題ドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.ドライバーの更新が完了しました。パソコンを再起動して起動するか確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

Windows システムを更新する

Windows Updateでシステムを更新すると、自動的に一部のトラブルを修正できるケースがあります。この同時に、エラー0x0を修正する可能性が高いです。

以下はアップデートする手順を紹介します。

1.「Win」「I」を同時に押して設定を開きます。

2.「更新とセキュリティ」をクリックします。

3.Windows Updateです。今インストールできるバージョンがあれば、「ダウンロードしてインストール」をクリックし、少々お待ちしております。

最近チェックすることがなければ、「更新プログラムをチェック」をクリックして、最新バージョンをインストールします。

ディスククリーンアップを実行する

1.キーワードで「Win」「R」を同時に押して、ランボックスで「cleanmgr」を入力して、「OK」をクリックします。

2.ディスククリーンアップを実行したいドライブを選択して、「OK」をクリックします。

3.削除したくないファイルの前のチェックを外して「OK」をクリックしてクリーンアップを実行します。

タスクを終了する

同じプログラムがバックグラウンドで同時に運行していることはエラー0x0を引き起こす可能性が高いです。その時、そのプロセスを終了してエラー0x0がまだ発生するか確認します。

以下はタスクを終了する手順となります。

1.タスクバーを右クリックして、「タスクマネージャー」を選択します。

2.今使用しなく、あるいは占有率が高いプロセスを右クリックして、「タスクの終了」をクリックします。

システムファイルチェッカーを実行する

システムファイルチェッカーはWindowsのツールで、システムファイルをスキャンできます。エラー0x0を発生したら、システムファイルチェッカーを実行してファイルの状態を確認します。

以下はシステムファイルチェッカーを実行する手順です。

1.キーボードで「Win」「R」を同時に押して、「cmd」を入力して、「Ctrl」「Shift」「Enter」を同時に押します。

2.DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealthを入力して「Enter」を押します。

3.プログレスバーが100%になって、「The procedure completed successfully. The operation completed successfully.」というメッセージが表示されると、sfc /scannowを入力します。

4.プログレスバーが100%になると、exitを入力して「Enter」を押します。

ウイルス対策ソフトを実行する

ウイルスのせいで、エラー 0x0 が発生するケースがあります。信頼できるウイルス対策ソフトでパソコンをスキャンしてウイルスを削除してください。スキャンする前に、ウイルス対策ソフトを最新バージョンに更新することが必要となります。

Microsoft Visual C++を更新する

Microsoft Visual C++を更新すると、エラー 0x0を修復できるケースもありますから、上記の対処法で解決できない時、Microsoft Visual C++を更新してみてください。

まず、Microsoft Visual C++のバージョンを確認します。

1.「Win」「R」を同時に押して、「control」を入力して「Enter」を押してコントロールパネルを開きます。

2.「プログラムと機能」を選択します。

3.プログラム欄でダウンロードしたMicrosoft Visual C++を確認します。


以上は、Windows エラーコード 0x0が発生する時の対処法を解説しました。上記の対処法で上手く実行できない場合や不安な場合、パソコン専門業者に相談するのをおすすめします。

Static Image

いいね!