【Windows 11】マウスの反応が悪い・カクカクした時の対処法

Windows 11のPCで、有線マウスまたは無線マウスで操作している時、マウスの反応が悪くマウスカーソルがカクカクして勝手に飛ぶケースがあります。今回の記事では、Windows 11で反応が悪い・カクカクした時の対処法を解説します。


目次


マウスドライバーを更新する

マウスドライバーが不具合になったら、ワイヤレスマウスが使えない場合が多いです。Logicool G PROワイヤレスマウスが使えない時、ドライバーを更新する必要があります。

手動

デバイスマネージャーでマウスドライバーを更新できます。

デバイスマネージャーを開き、「マウスとそのほかのポインティング デバイス」をダブルクリックして、マウスドライバーを右クリックして、「ドライバーの更新」指示に従ってドライバーを更新します。

注意すべきなのは、デバイスマネージャーで更新するドライバーは、最新バージョンではない可能性があります。

自動

ドライバーの潜在的な問題まで発見するため、ここでは「Driver Easy」でドライバーを更新することをおすすめします。

「Driver Easy」はすべてのドライバーをスキャンして、問題ドライバーを発見して自動的にアップデートするソフトです。最新ドライバーを自動的に選択し、最短時間でドライバーを更新して問題を解決できます。

特にPro版は技術に頼り、ただマウスを二回クリックして、すべての問題ドライバーを一回でアップデートできます。遅延問題の要因が多く、一つずつで更新することは複雑です。Pro版で更新すると、ドライバー側の問題が完全に排除します。ステップも少なく、時間を節約して、便利でパソコン初心者でも利用できます。問題が解決できるし、パソコンの健康も守れます。

以下は自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.ソフトを起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでグラフィックドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての問題ドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日間全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了します。パソコンを再起動して確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

ポインターの軌跡を表示しなくなる

ポインターの軌跡の表示という機能は、画面上のマウスポインターを見失ってしまうような場合に、マウスポインターの軌跡を表示させると位置がわかりやすくなります。しかし、この機能を使用すると、マウスの使用はカクカクになる場合があります。

以下は手順となります。

1.「Win」「R」を同時に押して、「main.cpl」を入力して「Enter」を押します。

2.「ポインター」タブをクリックして、「ポインターの軌跡を表示する」前のクリックを入れて、「OK」をクリックします。

GPUスケジューリングを無効にする

PCによってはGPUスケジューリングが有効になっていると、マウスの動きが悪くなってカクカクするケースがあります。GPUスケジューリングが有効になっている場合は無効にすることは役に立ちます。

以下は無効にする手順を紹介します。

1.「Win」「I」を同時に押して、設定を開きます。

2.システムで「ディスプレイ」をクリックします。

3.「グラフィック」をクリックします。

4.「既定にグラフィックス設定を変更する」をクリックします。

5.「ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング」のスイッチを「オフ」に切り替えます。

Windows システムをアップデートする

Windowsシステムを更新する同時に、様々な問題が自動的に解決されます。以下は、Windowsシステムをアップデートする手順を紹介します。

1.「Win」「I」を同時に押して、設定を開きます。

2.「Windows Update」をクリックして、「更新プログラムのチェック」をクリックします。更新できるプログラムがあれば、ダウンロードしてインストールします。

システムエラーを修復する

起動しないなどのプログラムの問題やエラーは、システムが破損している場合に発生することがよくあります。具体的に発生する問題を診断するには、システムを全面的にスキャンする必要があります。

ここでは、「Reimage」でWindows システムを修復することをお勧めします。

「Reimage」とは専門的にWindowsを修復するソフトウェアです。プログラム、カスタム設定、データを壊さず、自動的にシステムファイルを換えることができます。

2500万個のシステムコンポーネントがあるデータベースを通して、Reimage はシステムを破壊する原因を見つけ出して、そして修復できます。時間と手間を省きます。Reimageを利用すると、Windows システムを再インストールする必要がなくて、一時間でWindows システムを再インストールするような効果が得られます。

以下はReimageでシステムを修復する手順を紹介します。

1.「Reimage」を開くと、Reimageが自動的にパソコンをスキャンします。

3.スキャンが完了すると、「修復を開始」をクリックして、全ての問題が自動的に解決できます。

ワイヤレス用① 非アクティブウィンドウのスクロールを無効にする

1.「Win」「I」を同時に押して、設定を開きます。

2.「Bluetoothとデバイス」「マウス」をクリックします。

3.「ホバーしたときに非アクティブウィンドウのスクロールする」後ろのボタンを「オフ」にします。

ワイヤレス用② ワイヤレスマウスの電池を交換する

マウスの電池の電力不足になったら、マウスの動きが悪くなったりカクカクになります。充電・電池を交換すると解決できます。

ワイヤレス用③ パソコンと再接続する

1.「Win」「I」を同時に押して、設定を開きます。

2.「Bluetoothとデバイス」「デバイス」をクリックします。

3.マウスの後ろの「…」をクリックして「デバイスの削除」をクリックしてマウスを削除します。

4.あらためて「デバイスの追加」をクリックします。

5.「Bluetooth」をクリックしてマウスを検索します。


以上はWindows 11で反応が悪い・カクカクした時の対処法を紹介しました。ここまでの対処方法で解決しない場合は、機械自身の原因かもしれませんが、ほかのマウスに変更して確認してみましょう。

Static Image

いいね!