【Windows 11】FPSを上げる方法一覧|2022

Windows 11をシステムとしてゲームを楽しむ時、「少しでもFPSを上げたい…」などの言葉は、プレイヤーたちの本音です。今回の記事では、Windows 11でFPSを上げる方法を紹介します。ぜひお試しください!


目次


ドライブを最適化にする

以下の手順でお使いのハードディスクを片付けて、パソコンに軽くなります。

1.「Win」「E」を同時に押して、左部のメニューでドライブCを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

2.「ツール」タブをクリックして、「ドライブの最適化とデフラグ」欄の下の「最適化」をクリックします。

3.「最適化」をクリックします。

電源オプションを変更する

1.「powercfg.cpl」を入力して「Enter」を押します。

2.「高パフォーマンス」前のチェックを入れます。高パフォーマンスの選択肢がなければ、「追加プランの非表示」の後ろの矢印をクリックします。

グラフィックドライバーを更新する

グラフィックドライバーに不具合があれば、FPSが低くなるばかりでなく、正常的なゲームプレイを悪影響を及ぼす場合が多くあります。以下はグラフィックドライバーを更新する二つの方法を紹介します。

自動

ここでは「Driver Easy」などのサードパーティーサービスを利用する必要があります。

「Driver Easy」というソフトウェアは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、完全に自動的にドライバーを更新することを実現できます。そして、すべてのドライバーが厳しい認証を取得していて、すごく安心感があります。

その上、Pro版は技術に頼り、繰り返し更新する必要がなく、ただマウスを二回クリックして、すべてのドライバーを更新します。操作が簡単で、手順が少なく、誰でも余裕を持って利用できます。長期的に利用すると、パソコンの健康を守ります。

サウンドドライバー、システムドライバーなどの各種ドライバーも、一定的にゲームプレイする過程に影響しています。グラフィックドライバーのみならず、別のドライバー問題も一回で解決できます。

以下は、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードして開きます。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでグラフィックドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての問題ドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了すると、ゲームを再起動して確認してください。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

手動

ここはよく見られるGPUメーカーのオフィシャルサイトとあげます。今使っているグラフィクスカードによって、適用可能な最新バージョンのドライバーを選択し、指示に従ってダウンロードしてインストールします。

NVIDIA

AMD

Intel

インストールが完成すると、パソコンを再起動して確認します。その過程は、時間がかかるので気長にお待ちしております。

パフォーマンスを優先する

1.「Win」「R」を同時に押して、「control」をクリックします。

2.右上部の検索ボックスで「システム」を入力して、「システム」下の「システムの詳細設定の表示」をクリックします。

3.「詳細設定」のタブをクリックして、「パフォーマンス」欄の下の「設定」をクリックします。

4.「パフォーマンスを優先する」前のチェックを入れます。「OK」をクリックして設定が完了します。

ディスプレイ解像度を下げる

1.デスクトップの空きところを右クリックして、「ディスプレイ設定」をクリックします。

2.システム設定です。「ディスプレイ」をクリックして、「拡大縮小とレイアウト」の下の「ディスプレイの解像度」で今より低い解像度を選択します。

ディスククリーンアップを実行する

1.「Win」「R」を同時に押して、以下のテキストをコピーしてランボックスに貼り付けます。「Enter」キーをクリックします。

「c:\windows\SYSTEM32\cleanmgr.exe /cDrive」

2.クリックすると、システムは空き領域を自動的に計算します。完了するまで少々お待ちください。

3.削除したいファイルの前のチェックを外します。「OK」をクリックします。

4.もう一回ファイルの削除を確認します。

システムファイルを修復する

システムファイルの破損でFPSを低下になるケースがあります。その時、システム修復のためにReimageなどのサードパーティ製品を利用すると、スキャン機能で問題を見つけてそして自動修復ができます。

Reimageとは、専門的にWindowsを修復するソフトウェアです。プログラム、カスタム設定、データを壊さず、自動的にシステムファイルを換えることができます。

2500万個のシステムコンポーネントがあるデータベースを通して、Reimage はシステムを破壊する原因を見つけ出して、そして修復できます。時間と手間を省きます。Reimageを利用すると、Windows システムを再インストールする必要がなくて、一時間でWindows システムを再インストールするような効果が得られます。ゲーマーにとって最高の仲間です。

以下はReimageでシステムを修復する手順を紹介します。

1.「Reimage」をダウンロードして開くと、Reimageが自動的にパソコンをスキャンします。

2.スキャンが完了すると、「修復を開始」をクリックして、全ての問題が自動的に解決できます。

3.修復が完了すると、パソコンを再起動して確認します。

不要なプロセスとスタートアイテムを停止する

この対処法でパソコンに負担をかけるものを停止できて、パソコンのパフォーマンスを高めます。以下は手順を紹介します。

1.「スタート」アイコンを右クリックして、「タスクマネージャー」をクリックします。

2.不要なプロセスを右クリックして、「タスクの終了」をクリックします。

3.「スタートアップ」タブをクリックして、不要なスタートアップアプリを右クリックして「無効化」をクリックします。

ゲームモードをオンにする

1.「Win」「I」を同時に押して、設定を開きます。

2.左部のメニューで「ゲーム」をクリックして、「ゲームモード」をクリックします。

3.ゲームモードのボタンをオンにします。

Windowsシステムを更新する

Windows 11はまだ改善点が多く、バグがあります。Windows システムを更新する途中、一部のエラーが同時に自動的に修復されます。以下はシステムを更新する手順を紹介します。

1.「Win」「I」を同時に押して、設定を開きます。

2.左部のメニューで「Windows Update」をクリックして、「更新プログラムのチェック」をクリックして、手順に従って更新します。


以上、Windows 11でFPSを上げる方法を説明しました。別の方法があったら、ご遠慮なく下のコメント欄でお教えください~

Static Image

いいね!