【Windows 11】フリーズが多発する?解決策を紹介

Windows 10をWindows 11にアップグレードすると、様々な不具合が引き出します。多くのユーザーから、パソコンが頻繫にフリーズしたことが多いです。

今回の記事は、Windows11にアップグレードすると、フリーズが多発する時の対処法を詳しく説明します。ステップバイステップで実行しましょう!


目次


ドライバーを更新する

Windows 11のみ、新しいシステムにアップグレードすると、ドライバーが不具合になり、パソコンがフリーズしたケースが多いです。その時、デバイスドライバーを最新バージョンに更新することが必要です。

ドライバーの数量が多いので、一つずつ手動的にすべてのドライバーを更新するのは時間をかかります。そして、デバイスマネージャーで更新したのに、最新なドライバーではないことがあります。

ここは「Driver Easy」でWindows 11のデバイスドライバーを自動的に更新することをお勧めします。

「Driver Easy」とは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。

「Driver Easy」はスキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新することがいらなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約します。

特にPro版が技術を頼り、繰り返して更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。確実にソフトを見ることがいらなく、操作が簡単で、パソコン知識がなくても余裕を持って利用できます。

以下は、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.スキャンすると、更新必要なドライバーがリストに表示されます。

FREE(数量が多い時、繰り返して更新が必要):

更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックします。指示に従って更新します。

Pro(ワンクリックですべて更新):

右下の「すべて更新」をクリックして更新します。

(この機能がPro版の環境だけで実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能ですので、ご安心ください。)

4.更新すると、PCを再起動して確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

解像度を変更する

解像度が高い時、画面が綺麗になりますが、Windows 11に負担をかけ、フリーズになることが多くなる可能性が高いです。

以下は解像度を変更する手順を紹介します。

1.「スタート」を右クリックして、「設定」をクリックします。

2.システムで「ディスプレイ」を選択します。

3.「拡大縮小とレイアウト」でディスプレイの解像度を選択します。

仮想メモリを添える

仮想メモリとは、ハードウェアの一部のメモリを分けて、ファイルを作成することです。ディスク使用率が100%になり、パソコンが頻繫にフリーズした時、仮想メモリの設定を変更するのは役に立ちます。

以下は、仮想メモリの設定を変更する手順を紹介します。

1.キーボードで「Win」+「R」を同時に押して、ランボックスで「SystemPropertiesAdvanced」を入力します。「OK」をクリックします。

2.「詳細設定」のタブを選択します。「パフォーマンス」「設定」をクリックします。

3.パフォーマンス オプションです。「詳細設定」のタブを選択します。「変更」をクリックします。

4.「すべてのドライブの総ページングファイル サイズ」を確認します。

「現在の割り当て」< 「推奨」:

1.「すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する」前のチェックを外にします。

2.「カスタム サイズ」をクリックします。推奨サイズを「初期サイズ」に入力します。最大サイズは、一般物理メモリのサイズの1.5倍の数値を入力します。入力すると、「設定」をクリックして「OK」をクリックします。

「現在の割り当て」>「推奨」:

次の解決策に行きます。

一時ファイルを削除する

アプリとプログラムをアンインストールしても、一部のファイルが削除ではない場合があります。パソコンのパフォーマンスはそちらのファイルからの影響に受け、フリーズになったことが多いです。一時ファイルを削除するのは役に立ちます。

以下は一時ファイルを削除する手順を紹介します。

1.「スタート」を右クリックして、「設定」をクリックします。

2.システムで、「記憶域」をクリックします。

3.「一時ファイル」をクリックします。

4.削除できる一時ファイル前のチェックを入れます。以下は削除できる一時ファイルを提供します。

  • 配信の最適化ファイル
  • ダウンロード
  • Microsoft Defenderウイルス対策
  • 縮小表示
  • 一時ファイル
  • DirectXシェーダーキャッシュ
  • インターネット一時ファイル

5.選択が完了すると、「一時ファイルを削除」をクリックします。

ディスク診断を実行する

ディスクが壊れた時、パソコンがフリーズになる場合が多いです。Windows 11がディスクの状態を確認するツールがあります。

以下は、ディスク診断を実行する手順を紹介します。

1.キーボードで「Win」「E」を同時に押します。

2.左部で「PC」をダブルクリックします。

3.「Windows(C:)」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

4.「ツール」のタブを選択します。「チェック」をクリックします。

5.以下のウィンドウが出ると、スキャンする必要がありません。詳しく検査したい場合、下の「ドライブのスキャン」をクリックします。

6.「お使いのドライブは正常にスキャンされました」という文字が出ると、ディスクの問題ではありません。

メモリ診断を実行する

メモリーカードが故障になれば、パソコンがフリーズになる場合が多いです。Windows 11がディスクの状態を確認するツールがあります。

以下は、ディスク診断を実行する手順を紹介します。

1.キーボードで「Win」「R」を同時に押して、「mdsched.exe」を入力して、「Enter」を押します。

2.「今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)」をクリックします。

3.Windows11が自動的に再起動して診断を実行します。エラーが発見しなければ、RAMの問題ではありません。


以上は、Windows 11がフリーズになった時の解決策となります。

お役に立てれば幸いです~

Static Image

1 人はいいだと思います。