【Windows 11】Bluetoothが消えた?対処法六選

Windows 11では、デバイスマネージャーで接続しているBluetoothを管理できます。しかし、Bluetoothがデバイスマネージャーで消えた状態で、Bluetoothデバイスの詳細情報などを確認できません。今回の記事は、Windows 11のデバイスマネージャーでBluetoothが消えた時の対処法を詳しく説明します。是非参考にどうぞ!


目次


Bluetoothサポートサービスを開始する

Windows 11のBluetoothを利用する前に、まずBluetoothサポートサービスが起動していることを保証します。普段、Windows 11をログインすると、Bluetoothサポートサービスが自動的に起動されますが、確認してBluetoothサポートサービスを再起動するほうが役に立ちます。

以下の順に従って、Windows 11でオーディオサービスを再起動して確認します。

1.キーボードで「Win」「R」を同時に押して、ランボックスで「service.msc」を入力して「Enter」を押します。

2.「Bluetooth サポートサービス」を探して、右クリックして「プロパティ」をクリックします。

3.サービスの状態を確認します。

状態は「実行中」にしている時、Bluetoothサポートサービスを再起動します。「停止」をクリックして、完全停止すると「開始」をクリックして「OK」をクリックします。

状態は「停止」にしている時、「開始」をクリックして、下の「OK」をクリックして設定を保存します。

ドライバーを更新する

ドライバーが古くなり(特にUSBドライバーとBluetoothドライバー)、不具合があると、Bluetoothが消えた問題が発生する可能性が高いです。

デバイスマネージャーでドライバーを手動的に更新できます。しかし、更新したいドライバーが多い時、時間がかかりますし、最新バージョンのドライバーを入手できないかもしれません。

ここでは、「Driver Easy」で自動的に更新する方法をおすすめします。

「Driver Easy」とは、パソコンのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。

スキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新する必要がなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約できます。提供しているすべてのドライバーが厳しいMicrosoft認証とDriver Easy内部の認証を取得していて、すごく安心感があります。

特にPro版は技術に頼り、繰り返し更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。操作もシンプルで、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。

以下は「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでオーディオドライバーを探して、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての問題ドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。)

4.完了すると、PCを再起動して確認してください。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

隠されたデバイスを表示する

ある時、Bluetoothドライバーが消えなくて、ただ隠されました。非表示のデバイスを表示して見られます。以下は非表示のドライバーを表示する手順を紹介します。

1.「スタート」を右クリックして、「デバイスマネージャー」をクリックします。

2.「表示」のタブを選択して「非表示のデバイスの表示」をクリックします。

3.デバイスリストでBluetoothドライバーがあるかを確認します。

Bluetoothトラブルシューティングをする

Windows自身がトラブルシューティングする機能があります。Bluetoothのトラブルシューティングツールを実行して、PCのネットワーク問題を発見できる場合があります。次は手順を紹介します。

1.「Win」「I」を同時に押して、Windowsの設定を開きます。

2.システムのウインドウです。「トラブルシューティング」をクリックします。

3.「その他のトラブルシューティング ツール」をクリックします。

4.Bluetoothの「実行する」をクリックして、トラブルシューティングを実行します。

システムスキャンを実行する

ウェブサイトで不明源のファイルをダウンロードするなどの行為は破損したファイルをパソコンにインストールして悪い影響が出る場合が多いです。システムをスキャンして問題が発見できます。

以下は手順を紹介します。

1.「Win」「R」を押して、「cmd」を入力して「Enter」を押します。

2.「sfc/scannow」を入力して「Enter」を押して、システムスキャンが開始します。

ユーザーも「Reimage」を使って、自動的にシステムをスキャンして修復できます。

「Reimage」とは、専門的にWindowsを修復するソフトウェアです。プログラム、カスタム設定、データを壊さず、自動的にシステムファイルを換えることができます。

2500万個のシステムコンポーネントがあるデータベースを通して、Reimage はシステムを破壊する原因を見つけ出して、そして修復できます。時間と手間を省きます。Reimageを利用すると、Windows システムを再インストールする必要がなくて、一時間でWindows システムを再インストールするような効果が得られます。

以下はReimageでシステムを修復する手順を紹介します。

1.「Reimage」をダウンロードしてインストールします。

2.開くと、Reimageが自動的にパソコンをスキャンします。

3.スキャンが完了すると、「修復を開始」をクリックして、全ての問題が自動的に解決できます。

4.修復が完了すると、パソコンを再起動して、パソコンを起動して確認します。

Windows システムをアップデートする

1.「Win」「I」を同時に押して、Windows 設定を開きます。

2.左部のメニューで「Windows Update」をクリックして、「更新プログラムのチェック」をクリックして、更新プログラムがあるかどうかを確認します。あれば、システムを更新します。


以上、Windows 11でBluetoothが消えた時の対処法を紹介しました!PC問題の要因が数多く、紹介した方法が実際的な状況に合わない場合がよくあります。自分で解決できない時、ぜひパソコン専門家や店と相談するのがおすすめます。

Static Image

いいね!