win32kfull.sysでブルー スクリーン エラーの原因と対策

ご使用のPCが突然ブルー スクリーンに変わったとき、win32kfull.sysが停止コードで失敗したことを意味しています。 停止コードにはいくつか種類がありますが、次のコードが代表的です:

  • APC_INDEX_MIXMATCH
  • SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION
  • PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA

これは非常に苛立たしい現象ですが、慌てる必要はありません。 このトピックでは、試すべき解決策をいくつかご紹介します。

Win32kfull.sysファイルとは

.sysファイルはWindowsオペレーティング システムに含まれています。 ほとんどの.sysファイルはリアル モードのデバイス ドライバーであり、PCハードウェアとWindowsシステム間の正常な通信を確保します。 左側は、カーネル モード デバイス ドライバーと呼ばれる重要なシステムファイルです。 これらは、Windowsオペレーティングシステムを起動するために不可欠です。 win32kfull.sysは、カーネルモードのデバイスドライバーの1つです。 .sysファイルに関連するエラーは深刻なダメージを引き起こす可能性があります。 もっとも一般的なのが、このブルー スクリーン エラーです。

win32kfull.sysブルー スクリーン エラーを解決するには

このパートでは、win32kfull.sysブルー スクリーン エラーを簡単に解決する対処法トップ5をご紹介します。 それらすべてを試す必要はないかもしれません。 問題が解決するまで、対処法を順に試してみてください。

解決策1:利用可能なすべてのドライバーを更新する

win32kfull.sysエラーは、関連するドライバー ソフトウェアによって引き起こされている可能性があります。 デバイス ドライバーを更新することで、この問題を解決できる可能性が非常に高くなります。

デバイス ドライバーを更新するには、手動または自動の2通りの方法があります。

手動のドライバー更新 – デバイスの製造元のWebサイトにアクセスし、最新の正しいドライバーを検索して、ドライバーを手動で更新します。 必ず、ご使用のWindowsバージョンと互換性のあるドライバーのみを選択してください。 この手順では、デバイスの更新を1つずつ確認する必要があります。

自動のドライバー更新 – 手動で一つ一つのドライバーを更新するには、時間、忍耐、コンピュータースキルが必要です。 代わりに、Driver Easyを使って、自動的に実行することができます。 Driver Easyは自動的にシステムを認識し、利用可能なすべての正しいドライバーを見つけ、それらを正しくダウンロードしてインストールします:

1)Driver Easyをダウンロードしてインストールします。  

2)Driver Easyを実行し、[今すぐスキャン] ボタンをクリックします。Driver Easyがコンピューターをスキャンし、問題のあるドライバーを検出します。  

3)デバイス名の横にある [更新] ボタンをクリックすると 、正しいドライバーをダウンロードし (Freeで実行可能) 、コンピューターにインストールします。

または、[すべて更新] をクリックして、問題のあるすべてのドライバーの正しいバージョンを自動的にダウンロードしてインストールします (この操作にはPro版が必要となります。 [すべて更新] をクリックすると、Pro版へのアップグレード案内が表示されます)。

4)ドライバーを更新した後、コンピューターを再起動して、新しいドライバーを有効にします。 ブルースクリーンが発生しなくなったかどうか確認します。

Driver EasyProには、テクニカルサポートが付属しています。 サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com) に連絡して ください。

解決策2Windowsシステムを更新する

Microsoftは、Windowsシステム ファイルの修復と改善を頻繁に行っています。 Windowsを更新することで、こういった改善を得ることができます。 利用可能なWindows Updateをインストールすると、厄介なwin32kfull.sysエラーの解決に役立つことがあります。 以下の手順に従ってください:

1)コンピューターの左下隅にある [スタート] ボタンをクリックします。 [検索] ボックスに、「check」と入力して、表示される検索結果から「更新プログラムの確認」をクリックします。

2) [更新プログラムのチェック] をクリックして、システムが最新であるかどうか、または利用可能な更新があるかどうかを確認します。

3)次に、Windowsは更新を確認し、利用可能な更新が自動的に検出された場合はインストールする必要があります。

4)Windows 10を再起動し、win32kfull.sysエラーが発生しなくなったかどうか確認します。

解決策3:システム ファイル チェッカーを実行する

システム ファイル チェッカーは、システム ファイルの破損をスキャンして修復するのに役立つ、Windowsシステムの便利なツールです。 win32kfull.sysファイルもこのツールで確認できます。

システム ファイル チェッカーを実行するには:

1) Windowsロゴ キーを押し、検索ボックスに「コマンド プロンプト」または「cmd」と入力して、「コマンド プロンプト」が表示されたら、[管理者として実行] をクリックします。

2)ユーザー アカウント制御の確認メッセージが表示されるので、[はい] をクリックします。 

3)コマンド プロンプトのウィンドウが開くので、「sfc /scannow」と入力して、Enter キーを押します。

4)Windowsがシステムファイルのスキャンを開始し、自動的に修復します。 この処理には、通常約15分かかります。 検証が100%完了するまで待ちます。 

5)完了したら、コンピューターを再起動し、win32kfull.sysエラーが発生しなくなったかどうか確認します。

解決策4:新しくインストールしたプログラムを再インストールする

Windowsに新しいプログラムをインストールした後にwin32kfull.sysブルー スクリーン エラーが発生した場合は、プログラムにエラーがあるためにブルー スクリーン エラーが発生している可能性が高いと考えられます。 次の手順に従って、新しくインストールしたプログラムをアンインストールして再インストールしてください。

新しくインストールしたプログラムをアンインストールするには:

1)Windowsロゴキー と Rを同時に押します。

2)「appwiz.cpl」と入力 し、[ OK ]をクリックします 。

3)「プログラムと機能」のリストが表示されます。アンインストールするプログラムを右クリックし、[アンインストール] をクリックします 。

4)画面の指示に従ってアンインストールを完了します。

プログラムを再インストールするには:

プログラムのインストールファイルは、公式WebサイトまたはMicrosoftストアからダウンロードしてください。 安全でないWebサイトからプログラムをダウンロードしないでください。 ダウンロードしたら、プログラムをコンピューターにインストールします。

インストール完了後にコンピューターを再起動して、win32kfull.sysエラーが発生しなくなったかどうか確認します。

解決策5:メモリを確認する

物理メモリ (RAM、ランダムアクセス メモリ) は、コンピューターのデータを格納する一形態です。 メモリの破損も、win32kfull.sysブルー スクリーン エラーを引き起こす可能性があります。 メモリをチェックすることによって、その問題を解決することができます。

確認する前に、新しく取り付けたメモリがある場合は、いったん取り外してください。 取り外した後にエラーが発生しなくなるかどうか確認します。 エラーがなくなった場合は、新しいメモリに交換してください。 それ以外の場合は、メモリの確認に進んでください。

次の手順に従って、メモリを確認してください:

1)重要: 作業内容を保存して、プログラムを閉じます。

2)  [スタート] メニューの検索ボックスに「メモリ」と入力します。

3)[今すぐ再起動して問題があるか確認する] をクリックします。

4)Windowsが再起動して、メモリの診断を実行します。

5)メモリ診断が完了したら、win32kfull.sysエラーが発生しなくなったかどうか確認します。

ここまでの手順で、問題を解決できているはずです。 どの対処法が役立ったかシェアするか、他に質問がある場合は、お気軽に以下のコメント欄でお知らせください。

Leave your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *