【Steam】VR ヘッドセットが未検出・認識しない時の対処法|エラー 108

Steam VRヘッドセットをセットアップしているときに、突然「Error 108- Headset Not Detected」というエラーメッセージが表示され、ヘッドセットが検出できないことはありませんか?今回の記事では、SteamVR ヘッドセットが未検出・認識しない時の対処法を説明します。


目次


SteamVRヘッドセットを再起動する

まず、一番簡単な方法は、SteamVRの電源がオフにする状態で接続しているパソコンを再起動します。エラーがまだ解決できなければ、SteamVR ヘッドセットを再起動します。

1.SteamVRアプリを起動します。

2.SteamVRのアイコンを右クリックして、左部で「開発者」を選択して、「Restart SteamVR」をクリックして、再起動が完成するまでお待ちしております。

ケーブルを再接続する

ケーブルを再接続して電源を再起動すると、問題が解決できる場合が多いです。以下は手順となります。

1.まず、SteamVRを含み、Steamに関連するアプリをすべて閉じてください。

2.電源ボタンを押して電源を切って、リンクボックスとパソコンとの接続するケーブルの状態を確認します。再度ケーブルを外して再接続します。

3.電源を入れて、リンクボックスを再起動します。ドライバーがインストールされているという通知が表示されたら、ダウンロードしてインストールします。

4.SteamVR アプリを再起動してヘッドセットに接続します。

ドライバーを更新する

特にグラフィックドライバーとUSBドライバー、ドライバーに不具合があれば、SteamVR ヘッドセットが認識しないことがあります。ヘッドセットのドライバーの更新はお役に立ちます。

ここでは、すべてのドライバーをワンクリックで自動的に更新する方法をお教えします。

「Driver Easy」とは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。

スキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新する必要がなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約できます。提供しているすべてのドライバーが厳しいMicrosoft認証とDriver Easy内部の認証を取得していて、すごく安心感があります。

特にDriver EasyのPro版は技術に頼り、繰り返し更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。操作もシンプルで、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。

以下は「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでネットワークドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての古いドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より 7 日間無料トライアルを提供しています。トライアル期間ですべてのPRO機能が利用できます。終了するまで、料金は一切請求されませんので安心してお試しください。)

4.更新が完了します。ヘッドセットとパソコンを再起動して確認しましょう。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

ゲーム中のオーバーレイを無効にする

Steam, NVIDIA GeForce ExperienceやDiscordでゲームプレイする時、ゲーム中のオーバーレイはVR ヘッドセットが未検出の問題を引き出す場合があります。

以下はゲーム中のオーバーレイを無効にする手順を紹介します。

1.Steamを起動します。左上部の「Steam」をクリックして、「設定」をクリックします。

2.左部の「ゲーム中」をクリックして、「Steam オーバーレイ」欄で、「ゲーム中にSteamオーバーレイを有効にする」「Steam入力で有効にしたコントローラをデスクトップで使う時はBig Pictureオーバーレイを使用する」「SteamVRが有効なときにデスクトップゲームが起動した場合、デスクトップゲームシアターを使用する」前のチェックを外して、「OK」をクリックします。

Steamを管理者モードで起動する

1.デスクトップでSteamを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

2.「互換性」タブをクリックして、「管理者としてこのプログラムを実行する」前のチェックを入れます。

SteamVRのベータ版を起動する

1.Steamを起動します。「ライブラリ」をクリックします。

2.SteamVRを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

3.左部の「ベータ」をクリックして、「beta – SteamVR Beta Update」を選択します。

元々ベータ版を使っている方は、ベータ版の使用を停止してSteamVRの状態を確認してみてください。

破損したファイルを修復する

システムが破損している場合、ゲーム中発生した問題やエラーが発生することがよくあります。具体的に発生する問題を診断するには、サードパーティーツールでシステムを全面的にスキャンする必要があります。

「Reimage」とは専門的にWindowsを修復するソフトウェアです。プログラム、カスタム設定、データを壊さず、自動的にシステムファイルを換えることができます。

2500万個のシステムコンポーネントがあるデータベースを通して、Reimage はシステムを破壊する原因を見つけ出して、そして修復できます。時間と手間を省きます。Reimageを利用すると、Windows システムを再インストールする必要がなくて、一時間でWindows システムを再インストールするような効果が得られます。

以下はReimageでシステムを修復する手順を紹介します。

1.「Reimage」をダウンロードしてインストールします。

2.開くと、Reimageが自動的にパソコンをスキャンします。

3.スキャンが完了すると、「修復を開始」をクリックして、全ての問題が自動的に解決できます。

SteamVRを再インストールする

上記の対処法がすべて適用しなく、SteamVR でヘッドセットが検出されない問題を解決できない場合、SteamVR アプリを再インストールしてみてください。

以下はSteamVRをアンインストールする手順を紹介します。

1.Steamを起動します。

2.「ライブラリ」のタブをクリックして、「ツール」をクリックします。

3.SteamVRを右クリックして、「アンインストール」をクリックします。


以上、SteamVR ヘッドセットが未検出・認識しない時の対処法を紹介しました!まだできなければ、早めにヘッドセットのメーカーや店舗をご連絡してください。

Static Image

3 人はいいだと思います。

guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments