Windows 10/11|SM バスコントローラードライバーエラーの対処法

SMバス(System Management Bus)は、チップセットの一部として、電源や温度を管理するパスです。

SM バス コントローラーが認識しない場合、デバイスの右下部で黄色い「!」が見られます。その時、SMバスコントローラーを更新する必要があります。今回の記事は、SMバスコントローラーを更新する方法を説明します。


目次

  1. SMバスコントローラーを手動的に更新する方法
  2. SMバスコントローラーを自動的に更新する方法

SMバスコントローラーを手動的に更新する方法

インテルのドライバーセンターでSMバスコントローラーのドライバーを手動で更新できます。

インテル ドライバー センターを開きます。検索ボックスで「チップセット ドライバー」を入力して検索します。その中で、最新バージョンのドライバーを探して、指示に従ってインストールします。もし間違ってほかのドライバーをインストールしたら、アンインストールしてもう一度お試しください。

その方法は、時間がかかりますので、実行する前に慎重にご考慮してください。

SMバスコントローラーを自動的に更新する方法

SMバスコントローラーのドライバーを自動的に更新することを実現するには、「Driver Easy」を利用すべきです。

「Driver Easy」はドライバー問題を専門的に処理するソフトです。自動的に正しいドライバーを選んで更新する機能があります。数多くのドライバーの中で、正しいのを探す必要がなく、ダウンロードしてインストールする途中でトラブルが発生することも心配しなくてもいいです。

さらに、Pro版は、ただマウス二回クリックし、すべての問題ドライバーをダウンロードしてインストールし、本当の自動更新を実現できます。

それと同時に、ほかのデバイスドライバーも更新でき、ドライバー問題を心配しなくてもいいです。「Driver Easy」はドライバーを再インストールなどの機能もあり、全面的にドライバーを守ります。

以下は手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.「Driver Easy」を起動します。「今すぐスキャン」をクリックして、古いドライバーを検出します。

3.スキャンすると、更新が必要なドライバーがリストに表示されます。

FREE:

更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックします。指示に従って更新します。

Pro:

右下の「すべて更新」をクリックし、ワンクリックで更新します。

(この機能はPro版の環境だけで実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能ですので、ご安心ください。)

4.PCを再起動して確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。


以上、SMバスコントローラーのドライバーを更新する方法を紹介しました。

お役に立てれば幸いです~

Static Image

1 人はいいだと思います。