【Windows 11/10】複数のデバイスで同時に音声を出力する方法

Wiindowsは、複数の音声出力デバイスがパソコンに接続されて同時に音声を出力する機能があります。本記事では、複数のデバイスで同時に音声を出力する方法の設定手順を教えます。


目次


ステレオミックスを有効にする

1.タスクバーでオーディオアイコンを右クリックして、「サウンド」をクリックします。

2.「再生」タブを選択して、音声を出力したいデバイスを選択して、「既定値に設定」をクリックします。

3.「録音」タブに移動して、何もないところで右クリックして、「無効なデバイスの表示」をクリックします。

4.「Stereo Mix」「Wave Out Mix」「Mono Mix」など)を右クリックして、「有効」をクリックします。

5.もう一度設定したいデバイスを右クリックして、「既定のデバイスとして設定」を選択します。

6.もう一度右クリックして、「プロパティ」をダブルクリックして開きます。

7.「聴く」タブを選択して、「このデバイスを聴く」の前のチェックを入れます。

8.「このデバイスを使用して再生する」のドロップダウンメニューを開き、音声を出力したい再生デバイスを選択します。

9.「プロパティ」ウィンドウと「サウンド」ウィンドウで「適用」「OK」をクリックします。

10.完了すると、パソコンを再起動します。

アプリの出力デバイスを設定する

1.タスクバーでオーディオアイコンを右クリックして、「サウンドの設定を開く」をクリックします。

2.「アプリの音量とデバイスの設定」をクリックします。

3.「出力」のドロップダウンメニューから音声を出力したいデバイスを選択します。

4.パソコンを再起動して確認します。

設定した後、音が出ないなどの音声問題が出たらどうするか

デバイスドライバーに不具合があれば、特にオーディオとBluetoothドライバー(ワイヤレスデバイスを使う場合)が不具合になったら、音声問題が引き起こされる可能性が高いです。その時、ドライバーを更新してください。

デバイスマネージャーで手動でオーディオドライバーをダウンロードしインストールできますが、注意すべきなのは、デバイスマネージャーで更新するドライバーは、最新バージョンではない可能性があります。

ここでは、「Driver Easy」でドライバーをワンクリックで自動的に更新する方法をお教えします。

「Driver Easy」とは、パソコンのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。

スキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新する必要がなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約できます。提供しているすべてのドライバーが厳しいMicrosoft認証とDriver Easy内部の認証を取得していて、すごく安心感があります。

特にPro版は技術に頼り、繰り返し更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。操作もシンプルで、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。

以下は「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでオーディオドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての問題ドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了します。PCを再起動して確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。


以上、Windows 11/10で複数のデバイスで同時に音声を出力する方法を紹介しました!

Static Image

1 人はいいだと思います。