【League of Legends】ログイン中に不明なエラーが発生する時の対処法

名作ゲームのLeague of Legends(以下はLOLと呼ばれる)にログインする時、不明なエラーが発生して、「ログイン中に不明のエラーが発生しました。再度お試しください。」というエラーメッセージが表示されることがあったことがありますか?

ご心配なく、今回の記事は、そのエラーを解決する対処法を紹介します。最後まで見に行きましょう!


目次


ゲームをログアウトする

1.「Alt」 +「F4」を同時に押して、サインアウトオプションをクリックして、ゲームをサインアウトしてください。

2.完了すると、再度ログインすることで、League of Legendsのログインエラーを修正することができます。

タスクマネージャーでLOLを終了する

1.タスクバーを右クリックして、「タスクマネージャー」をクリックします。

2.「League of Legends」、「RiotClientServices」「RiotClientUx」、のプロセスを右クリックして、「タスクの終了」をクリックします。

3.LOLを起動して確認します。

サービス状況を確認する

サービスに不具合がある時、ゲームが正常にログインして起動できない場合が多いです。ライアットゲームズのサイトでRiot系のゲームの最新サービス状況を確認できます。

DNSサーバーを変更する

DNSサーバーがボトルネックになるのが、ネットが遅い原因の一つです。その原因でLOLにログインする時、不明なエラーが発生することがあります。以下の手順に変更します。

1.「スタート」をクリックし、「設定」をクリックします。

2.「ネットワークとインターネット」をクリックします。

3.ネットワークの詳細設定の欄で「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

4.DNSアドレスを変更したいネットワークを右クリックして、「プロバディ」をクリックします。

5.「この接続は次の項目を使用します」のリストに、「Internet Protocol Version 4 (TCP/IPv4)」をクリックし、「プロパティ」を選択します。

6.「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択します。

「優先DNSサーバー」「8888」を入力し、「代替DNSサーバー」「8844」を入力します。最後に、「OK」をクリックし、完了します。

*「8888」と「8844」はGoogle Public DNSです。

*ゲームのパフォーマンスを向上する方法がある?

ゲームのパフォーマンスを高めて、ラグい、フリーズなどの問題を防ぐため、特にグラフィックドライバー、ゲーマーは定期的にドライバーを更新することが必要です。

デバイスマネージャーとデバイスのメーカーの公式ウェブサイトでドライバーを更新できますが、ドライバーの数量が多いので、手動的に更新するのは時間がかかります。そして、デバイスマネージャーで更新した場合、最新のドライバーではないことがあります。

こちらでは自動的に更新する方法を紹介します!

「Driver Easy」とは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。スキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新する必要がなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約できます。

特にPro版は技術に頼り、繰り返し更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。確実にソフトを見る必要がなく、操作が簡単で、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。

以下は、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでグラフィックドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全てのドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了します。パソコンを再起動して確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyサポート(support@drivereasy.com)にご連絡ください。


以上、League of Legendsをログイン中に不明のエラーが発生する時の対処法となります。

上記の対処法でまだ解決できない時、League of Legendsを再インストールして、再度ログインすることで、League of Legendsのログインエラーを修正することができます。

Static Image

1 人はいいだと思います。