【Google Meet】カメラが映らない時の対処法を徹底解説

 Google Meet (Google ミート、グーグルミート)はGoogleから提供しているビデオ会議ツールです。プライバシーとセキュリティ保護が優秀で今より多くの人がGoogleミートを選択します。今回はGoogleミートを使う時のカメラが映らない問題の対処法について紹介します。


目次


Google Meetでカメラをオンにする

 ビデオのアイコンが赤くて斜線がある場合で、カメラが「オフ」しています。このアイコンをクリックし、カメラをオンにします。

カメラのプライバシー設定をオンにする

1.「スタート」をクリックし、「設定」(ギアマーク)をクリックします。

2.「プライバシー」をクリックします。

3.左側の「カメラ」を探してクリックします。「このデバイスのカメラのアクセスを許可する」下の「変更」をクリックします。「このデバイスのカメラへのアクセス」が出て、「オン」をクリックします。

「アプリがカメラにアクセスできるようにする」の下のスイッチをクリックし「オン」にします。

他のアプリを確認する

 バックグランドで、Skype、FaceTimeなどのアプリが運行すれば、Googleミートのカメラが使用できないことがあります。他のアプリを終了し、Googleミートに戻して確認しましょう。

ウェブブラウザを再起動する

 上記の確認事項を完成しましたがカメラがまだ映らない時、一時的なエラーかもしれませんが、Googleミートのウェブブラウザを閉めてそして再起動します。

Google Meetでの設定を変更する

1.右上のギアマークをクリックします。

2.Settingで「Video」をクリックし、使えるカメラを選択します。

ビデオドライバーを更新する

 ビデオドライバーが古いのせいで、カメラが使用できないケースがあります。ここは「Driver Easy」で自動的にドライバーを更新する方法をおすすめます。

 「Driver Easy」は専門的にドライバー問題を処理するソフトです。スキャンすると、問題があるドライバーを検出し更新するのが、「Driver Easy」ですべでのステップを完成できます。

 さらに、Pro版が、ワンクリックですべてのドライバーの更新とインストールでき、快適なアップデート体験が得ます。うちのパソコン問題の要因が多く、Pro版を使うと、短時間ですべてのドライバー問題を解決でき、実用的なツールです。

 以下は手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックして、古いドライバーを検出します。

3.検出されたドライバーがリストにしております。

FREE:リストにグラフィックドライバーを探して、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリック更新します。(この機能がProバージョンの環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。)

4.更新が完了します。Googleミートを起動してカメラの状態を確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)に連絡 してください。


 以上はGoogle Meet(Googleミート)を使う時のカメラが映らない問題に対する対処法を紹介しました。もし助けがあれば幸いです。

Static Image

いいね!

Leave your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *