【Windows 11】不明なデバイスドライバーを探してインストールする方法

Windows 10も適用

Windowsシステムを新規にインストールした後、最も重要なことは、コンピューターを使えるようにするため、デバイスドライバーをインストールすることは必要です。しかし、デバイスマネージャーで不明なデバイスがあります。今回の記事では、Windows 11で不明なデバイスドライバーを探してインストールする方法を解説します。

デバイスマネージャーで不明なデバイスを識別する前に、すべてのWindows Update、Windows Defenderやサードパーティーセキュリティソフトが最新であることを確かめてください。

自動的に不明なデバイスドライバーをインストールする

デバイスマネージャーで不明なデバイスを識別して、そしてドライバーを個別に探してダウンロードすることにストレスを感じているなら、自動的にドライバーアップデートプログラムが必要です。

ここでは「Driver Easy」をおすすめします。

「Driver Easy」というソフトウェアは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新することを実現できます。

スキャン機能があり、不具合なドライバーを検出することができます。つまり、ドライバーを一つずつ更新する必要がなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約できます。そして、すべてのドライバーが厳しい認証を取得していて、すごく安心感があります。

その上、Pro版は技術に頼り、繰り返し更新する必要がなく、ただマウスを二回クリックして、すべてのドライバーを更新します。操作が簡単で、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。長期的に利用すると、パソコンの健康を守ります。

以下、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたチップセットドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでネットワークドライバーを探して、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての古いドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日間全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了すると、PCを再起動して、デバイスマネージャーを開いて不明なデバイスがまだあるか確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

手動的に不明なデバイスドライバーをインストールする

1.「スタート」を右クリックして、「デバイスマネージャー」をクリックします。

2.「ほかのデバイス」「不明なデバイス」をクリックします。

3.「不明なデバイス」を右クリックして「プロパティ」をクリックします。

4.「詳細」タブをクリックします。「プロパティ」「ハードウェア ID」に選択します。

5.「値」部分をGoogleで検索すると、ドライバー、メーカー、デバイスなどの内容を得ます。

6.対応するドライバーの公式サイトで最新バージョンのドライバーをダウンロードしてインストールします。


以上、不明なデバイスドライバーを探してインストールする方法を紹介しました。

お役に立てれば幸いです~

Driver Easy Japan公式Twitterをフォローして最新記事とパソコン豆知識をゲット…

全てのシステムエラーを修復

Reimage|世界から認める高セキュリティ|DLLファイルの破損

今すぐ修復しよう
Static Image

いいね!