【Diablo 2: Resurrected】開始・起動しない時の対処法

 Diablo 2: Resurrected(ディアブロ II リザレクテッド)は、地獄の軍勢からサンクチュアリを守るゲームで、2021年9月24日より発売されました。プレイヤーの反映から、ゲームがプレイする時、開始・起動することができないケースがよくあります。今回、ディアブロ II リザレクテッドが開始・起動しない時の対処法を詳しく紹介いたします。ステップバイステップで修正しましょう。


目次


PCスペックを確認する

 修正する前に、Diablo 2: Resurrectedの必要環境を確認すべきです。PCスペックを満足できなければ、満足できるパソコンを交換してください。

必要動作環境

OSWindows10 64-bit(最新のService Pack)
プロセッサIntel Core i3-3250/AMD FX-4350
ビデオカードNvidia GTX 660/AMD Radeon HD 7850
メモリ8 GB RAM
ストレージ30 GB
インターネットブロードバンドインターネット回線
解像度1280 x 720以上の画面解像度

推奨スペック  

OSWindows10 64-bit(最新のService Pack)
プロセッサ Intel® Core i5-9600k/AMD Ryzen 5 2600
ビデオカード Nvidia GTX 1060/AMD Radeon RX 5500 XT
メモリ 16 GB RAM
ストレージ 30 GB
インターネット ブロードバンドインターネット回線
解像度 1280 x 720以上の画面解像度

ゲームファイルをスキャンと修復する

 このゲームを起動できない原因の一つは、ゲームファイルがトラブルがあります。以下の手順で修復できます。

1.Battle.netアプリを起動します。

2.左側のゲームリストでDiablo 2: Resurrectedをクリックし、Diablo 2: Resurrectedのページに行きます。

3.「オプション」をクリックし、「スキャンと修復」をクリックします。指示に従ってゲームを自動的にスキャンして修復できます。完成すると、ゲームを再起動してトラブルを確認します。

管理者としてゲームを実行する

 管理者モードで実行すると、ゲームを正しく実行できることがあります。ゲームを開始できない時この方法で試しましょう。

1.デスクトップで、Diablo 2: Resurrectedを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

 

2.プロパティです。「互換性」のタブをクリックします。「管理者としてこのプログラムを実行する」をクリックします。最後「OK」をクリックします。

グラフィックドライバーを更新する

グラフィックドライバーが古くなれば、問題が発生しやすいです。だからこそ、Diablo 2: Resurrectedが起動できない時、グラフィックドライバーを最新バージョンに保証するのが重要です。

手動:グラフィックカードのメーカーのホームページで手動で最新版のグラフィックドライバーをダウンロードしインストールします。いくつかのよく見られるメーカーのオフィシャルサイトを提供します。自分のパソコンを基づく適用な最新バージョンを選択します。指示に従ってダウンロードしてインストールします。

 インストールが完成すると、Diablo 2: Resurrectedを起動して確認します。時間がかかるので気長に待ってください。

自動:ここは「Driver Easy」をおすすめます。

 「Driver Easy」はドライバー問題を専門的に解決するソフトです。自動的に最新ドライバーを選択できるし、手動より更新速度が速く、高効率でグラフィックドライバーの問題を解決できます。

 FREEとProも、自動的に更新できますが、Pro版がただマウス二回クリックで、すべての問題ドライバーの更新が完了できます。グラフィックドライバーのみならず、他のドライバー問題も解決できるので、更新する後エラーがまだ処理できなくても、ドライバー側の問題を考えなくでも大丈夫です。

 以下は手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動し、「今すぐスキャン」をクリックして、古いドライバーを検出します。

3.検出されたドライバーがリストにしております。

FREE:リストで更新したいグラフィックドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリック更新します。(この機能がProバージョンの環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了します。MSFSを再起動して確認しましょう。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

Windows Updateでシステムを更新する

1.「スタート」をクリックし、「設定」のマークをクリックします。

2.「更新とセキュリティ」をクリックします。

3.Windows Updateです。利用可能な更新プログラムがあったら、ダウンロードしてインストールします。  

ウイルス対策ソフトを無効にする

 Diablo 2: Resurrectedが運行する同時に、ウイルス対策ソフトがバックグランドで運行すれば、ゲームがウイルス対策ソフトから影響を受けるケースがあります。今ウイルス対策ソフトを使用している方は、一旦停止してDiablo 2: Resurrectedを運行しましょう。そうすると問題が解決できれば、Diablo 2: Resurrectedをホワイトリストに追加します。ホワイトリストに追加する方法を説明します。

1.「スタート」をクリックし、「設定」のマークをクリックします。

2.「更新とセキュリティ」をクリックします。

3.左側で「Windows セキュリティ」をクリックします。「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。

4.「ウイルス脅威の防止」をクリックします。

5.ウイルスと脅威の防止の設定「設定の管理」をクリックします。

6.除外「除外の追加または削除」をクリックします。

7.「+除外の追加」をクリックし、Diablo 2: Resurrectedのファイルを追加します。

クリーンブートを起動する

 ゲームをプレイする時、バックグラウンドであるプログラムが運行してることがよくあります。そちらのプログラムがゲームの運行を影響するため、Diablo 2: Resurrectedが開始できない可能性が高いです。その時、クリーンブートを起動してみてください。

1.「Win」+「R」を同時に押し、「msconfig」を入力します。

2.システムの構成です。「サービス」を選択し、ビデオカードとサウンドカードのメーカーの製品以外のサービス前のチェックを外にします。完成すると、「OK」をクリックします。

3.「スタート」を右クリックします。「タスクマネージャー」を開きます。

4.「スタートアップ」をクリックし、無用なサービスあるいは影響があるサービスをクリックし、「無効にする」をクリックしてオフにします。

5.パソコンを再起動して、Diablo 2: Resurrectedを起動して確認します。


 以上は、Diablo 2: Resurrectedが開始・起動しない時の対処法を説明しました。図解と文字を合わせてそれぞれの方法を試してみてください。別の方法があれば、ご遠慮なく下にコメントしましょう。

Static Image

いいね!

Leave your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *