【Windows 11】明るさスライダーがない時の対処法

明るさスライダーは、Windowsシステム10と11に内蔵されているツールです。明るさスライダーがない場合、日常でPCの明るさを調整するのに不便を感じることがあります。

今回の記事では、明るさスライダーがない問題を解決するための対処法を紹介します。参考にしていただければと思います。


目次


TeamViewerをアンインストールする

TeamViewerをOSにインストールしている場合、それが問題の原因になっている可能性があります。この場合、アプリをアンインストールすることで、問題を解決することができます。

以下は、TeamViewerをアンインストールする手順を紹介します。

1.「Win」「R」を同時に押して、「control」を入力して「Enter」を押します。

2.「プログラムのアンインストール」をクリックします。

3.TeamViewerを右クリックして「アンインストール」をクリックします。

4.指示に従って完全にアンインストールします。

デバイスドライバーを更新する

Windows 11のみ、新しいシステムにアップグレードすると、ドライバーが不具合になり、パソコンがフリーズしたケースが多いです。その時、デバイスドライバーを最新バージョンに更新することが必要です。

ドライバーの数量が多いので、一つずつ手動的にすべてのドライバーを更新するのは時間をかかります。そして、デバイスマネージャーでドライバー更新したのに、最新・最適なドライバーではないこともあります。

ここでは「Driver Easy」などのサードパーティーサービスを利用する必要があります。

その上、Pro版は技術に頼り、繰り返し更新する必要がなく、ただマウスを二回クリックして、すべてのドライバーを更新します。操作が簡単で、手順が少なく、誰でも余裕を持って利用できます。長期的に利用すると、Windows システムの健康を守ります。

各種ドライバーも、一定的にゲームプレイする過程に影響しています。グラフィックドライバーのみならず、別のドライバー問題も解決できます。

以下は、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードして開きます。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての問題ドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より7日間トライアルが終了するまで、料金は一切請求されません。)

4.更新が完了すると、ゲームを再起動して確認してください。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

モニタードライバーを有効にする

Windows 11でモニタードライバーが無効になっている場合、関連するOSの機能を使用する際に問題にあった可能性があります。この問題を解決するには、デバイスマネージャーを使用してモニタードライバーを有効にする必要があります。

以下は手順となります。

1.「Win」アイコンを右クリックして「デバイスドライバー」をクリックします。

2.種類で「モニター」を選択して展開し、モニタードライバーを右クリックして「デバイスを有効にする」をクリックします。

3.明るさスライダーが出るか確認します。

汎用PnPモニタードライバーをアンインストールする

お使いのパソコンの汎用PnPモニタードライバーが破損している可能性もあります。上記のどの解決策もうまくいかない場合は、汎用PnPモニタードライバーの問題である可能性があります。その場合は、汎用PnPモニタードライバーをアンインストールする必要があります。

以下は、汎用PnPモニタードライバーをアンインストールする手順を紹介します。

1.「Win」アイコンを右クリックして「デバイスドライバー」をクリックします。

2.「モニター」をクリックして、お使いの汎用PnPモニタードライバーを右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。

3.指示に従ってドライバーを完全にアンインストールします。

Windowsレジストリを変更する

Windowsレジストリは、OSのプログラムやプロセスに関する情報を保存する管理者レベルの機能です。レジストリの設定を有効にすると、Windowsの明るさを調整できなくなるものがあります。

1.「Win」「R」を同時に押して、「regedit」を入力して「Enter」を押します。

2.以下のパスをボックスに貼り付けて「Enter」を押します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System

3.「NoDispCPL」を右クリックして値のデータを「0」に入力します。

4.最後、パソコンを再起動します。

グループポリシーエディターを変更する

グループポリシーは、OSの使用環境を管理するWindowsの機能です。この機能の中で、Windowsのプログラムやプロセスに関する情報は、ポリシーとして保存されます。ユーザーは、関連するポリシーを変更することで、OSの動作を変更することができます。

以下は、グループポリシーエディターを変更する手順を紹介します。

1.「Win」「R」を同時に押して、「gpedit.msc」を入力して「Enter」を押します。

2.「ユーザーの構成」「管理用テンプレート」「コントロールパネル」「画面」を順にクリックします。

3.「コントロールパネルの[画面]を無効にする」をクリックします。

4.「無効」前のチェックを入れて、「適用」「OK」を順にクリックします。

5.設定が完了するとパソコンを再起動します。

Static Image

1 人はいいだと思います。

guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments