「オーディオサービスが応答しない」エラーの原因と対処法

 システムがWindows10にアップデートすると、多くのユーザーからオーディオサービスが応答しないというケースがもらいました。実は「オーディオサービスが応答していない」のエラーがよくうちのオーディオサービスに発生します。この記事は「オーディオサービスが応答していない」について、発生する原因と対処法を紹介します。


目次

オーディオサービスが応答しない原因

オーディオサービスが応答しない対処法
対処法① Windowsオーディオサービスを再起動する
対処法② 音量ミキサーで音声を確認する
対処法③ オーディオ設備の状態を確認する
対処法④ 拡張機能をオフにする
対処法⑤ オーディオドライバーを更新する
対処法⑥ オーディオドライバーを復元する
対処法⑦ 手動でネットデバイスとオーディオサービスをオンにする
対処法⑧ トラブルシューティングを実行する


オーディオサービスが応答しない原因

このエラーは起こる原因が多く、オーディオサービスが応答しない原因は主に次のようなことを考えます。

  • サウンドの設定が問題がある
  • バグやマルウェアがオーディオサービスに悪意な影響を受ける
  • オーディオ設備が壊れた
  • Windows10とオーディオサービス接続問題
  • オーディオドライバーの問題
  • Windows10のオーディオサービスが停止している
  • オーディオをプレイするアプリが故障

オーディオサービスが応答しない対処法

対処法① Windowsオーディオサービスを再起動する

1.検索ボックスで「サービス」を入力し、「開く」をクリックします。

2.Windows Audioを右クリックし、「再起動」をクリックします。

3.次に、「Windows Audio Endpoint Builder」を右クリックし、「再起動」をクリックします。再起動すると、オーディオデバイスをチェックしてください。

対処法② 音量ミキサーで音声を確認する

 本格的に問題を処理する前に、まず音量を確認します。注意しなくミュート状態になることがあります。

1.タスクバーでのスビーカーマークを右クリックし、「音量ミキサーを開く」をクリックします。

2.音量のスライダーを確認します。

対処法③ オーディオ設備の状態を確認する 

 オーディオサービスが運行しなければ、反応しなくなります。

1.「Win」「R」を同時に押し、ランボックスを運行します。「services.msc」を入力し、「OK」をクリックします。

2.サービスです。以下三つのサービスを運行しているのを保証します。運行しないとそのサービスを右クリックし、「開始」を運行します。そしてプロパティでサービスのスタートアップを「自動」に設定します。

「DCOM Server Process Launcher」

Remote Procedure Call (RPC)

RPC Endpoint Mapper

4.再起動してオーディオの反応をチェックします。

対処法④ サウンドの拡張機能をオフにする 

1.タスクバーでスピーカーのマークを右クリックします。「サウンド」をクリックします。

2.「再生」をクリックします。そして使っているスピーカーを選択し、「プロパティ」をクリックします。

3.Speakersのプロパティです。「詳細」をクリックします。下の「信号の拡張機能」に、オーディオ機能拡張を無効にします。そして、「適用」をクリックし、「OK」をクリックします。設定が完了しました。

対処法⑤ オーディオドライバーを更新する

 オーディオドライバーが古くなり、オーディオトラブルが発生する可能性も高くなります。正しいドライバーを更新できるため、ここが「Driver Easy」をおすすめます。

 「Driver Easy」は専門的にドライバー問題を処理するソフトです。「Driver Easy」をドライバーをスキャンすると、自動的にドライバーを更新してインストールできます。ページがシンプルで、「操作が複雑すぎでやめろ」などの考え全然出で来ないです。パソコン初心者でも、専門家でも、「Driver Easy」を利用でき、ドライバー問題を早く解決できます。

 その上、Proバージョンがより快適な体験を提供し、ただマウスを二回クリックし更新が完了します。購入日より30日以内全額返金ができるので、安心し「Driver Easy」を利用できます。以下は更新する手順です。

1.まず「Driver Easy」をダウンロードしインストールします。

2.起動して「今すぐスキャン」をクリックします。

3.スキャンすると、問題ドライバーがリストにします。FREEもProも自動的に更新できます。

FREE:更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックして、そのドライバーを更新できます。指示を従って更新してインストールします。システムが正しいドライバーを自動的に選びます。インストールすることが手動で完成してください。

Pro:右下の「すべて更新」をクリックして、ワンクリックでドライバー問題を解決します。Proバージョンをアップグレード説明は、すべて更新をクリックして詳しい説明があります。

対処法⑥ オーディオドライバーを復元する

 オーディオを前の状態を復元すれば、正常になるケースがあります。復元する前に、ドライバーをバックアップする必要があります。「Driver Easy」はドライバーを更新する機能ばかりでなく、ドライバーのバックアップ、復元、アンインストールなどの実用的なツールがあります。ここは「Driver Easy」でバックアップして復元する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.運行して、左側の「ツール」をクリックします。

3.「ドライバー バックアップ」をクリックします。右下の「バックアップ」をクリックします。バックアップの機能がProバージョンで利用すべきで、「バックアップ」あるいは左の「Driver Easy Proにアップグレード」をクリックすると、詳しい説明があります。

4.「続行」をクリックし、管理者権限を許可します。そして、ユーザーアカウント制御の画面を出ると、「はい」をクリックします。

5.少々お待ちください。バックアップが完成します。

6.バックアップが完成した後、復元の手順を進みます。左側の「ドライバーの復元」をクリックし、「参照…」をクリックします。

7.指示に従って復元します。以上のステップが完成した後、オーディオサービスを確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)に連絡 してください。

対処法⑦ 手動でネットデバイスとオーディオサービスをオンにする

1.「Win」「R」を押し、ランボックスを実行します。「cmd」を入力し、「Shift」「ctrl」「Enter」を押します。

2.以下のコマンドを入力し、「Enter」を押すと完了します。オーディオサービスをチェックします。

「net localgroup Administrators /add networkservice」

「net localgroup Administrators /add localservice」

対処法⑧ トラブルシューティングを実行する

1.検索ボックスに「オーディオのトラブルシューティング」を入力します。「サウンドの録音に関する問題を検出して解決します。」をクリックします。

 あるいは、「スタート」をクリックし、「設定」を開きます。

開けると、左側の「サウンド」をクリックし、「トラブルシューティング」をクリックします。

2.「コンピューターの問題を防止とトラブルシューティング」という文字を見て、「次へ」をクリックします。

3.修復したいデバイスを選択します。そして「次へ」をクリックすると、自動的にトラブルシューティングします。


 以上はオーディオサービスが応答しない時の原因と対処法になりました。助けがあれば幸いです。もし他の方法があれば下にご遠慮なくコメントしてください。

Static Image

いいね!

Leave your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *