【AirPods】PCに接続しても音が出ない時の解決策|2022最新

日常生活でAirPodsを使っているユーザーは数多いです。でも、AirPodsをパソコンと接続しても、何も聞こえないことがあったことがありますか。今回の記事は、AirPodsをPCに接続済みの状態でも音が出ない時の解決策を紹介します。


目次


AirPodsを充電する

AirPodsのバッテリーがすぐなくなる場合、AirPodsとパソコンの接続が不安定になります。AirPodsをケースに入れ、電灯を確認してください。赤い時、AirPodsを充電するほうがいいです。

Bluetooothドライバーを更新する

​​Bluetoothドライバーが古くなると、AirPodsが接続済みの状態でも音声問題が発生する可能性が高いです。Bluetoothドライバーを更新するとエラーが修復できるケースが多いです。以下は、Bluetoothを更新する二つの方法です。

手動

デバイスマネージャーでBluetoothドライバーを更新できます。Bluetoothのドライバーを右クリックしてドライバーを更新します。複数のドライバーがいると、時間がかかります。それでも、一つずつ更新してください。時間がなく、面倒だと思う方は、次の自動的に更新する方法をしましょう。

自動

ここでは「Driver Easy」を利用することが必要です。

「Driver Easy」はドライバー問題を専門的に解決するソフトです。自動的に最新ドライバーを選択できるし、手動より更新速度が速く、最短時間以内高効率でBluetoothドライバーの問題を解決できます。

FREEとProも、自動的に更新できますが、Pro版は技術に頼り、ただマウスを二回クリックで、すべての問題ドライバーを一回でアップデートできます。つまり、繰り返し更新する必要はいらないです。ステップも少なく、便利でパソコン初心者でも利用できます。

以下は、Bluetoothドライバーを更新する手順です。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。​​

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.更新が必要なドライバーがリストに表示されました。

FREE:

Bluetoothドライバーの右側の「更新」をクリックします。指示に従って更新します。

Pro:

右下の「すべて更新」をクリックし、ワンクリックで更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了すると、AirPodsをPCと再接続して確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

Windows Updateでシステムを更新する

プログラムを更新することで、一部のトラブルが自動的に修復できます。途中でBluetooth機能に関するケースが修復したケースがあります。

以下は、更新プログラムを実行する手順を紹介します。

1.「スタート」を右クリックして、「設定」をクリックします。

2.システムです。「Windows Update」を選択します。

3.「更新プログラムのチェック」をクリックして、更新できるプログラムがあるかどうかを確認します。あれば、ダウンロードして指示に従ってインストールします。

AirPodsを既定値に設定する

1.キーボードで「Win」「R」を同時に押して、「control」を入力して、「Enter」を押します。

2.コントロールパネルで「サウンド」を選択します。

3.「再生」タブをクリックして、AirPodsを選択して、「既定値に設定」をクリックして設定します。

4.「録音」タブを選択します。AirPodsを選択して、「既定値に設定」をクリックして設定します。「OK」をクリックして設定を保存します。

Bluetoothサポートサービスを再起動する

1.キーボードで「Win」「R」を同時に押して、「services.msc」を入力して、「Enter」を押します。

2.「Bluetooth サポート サービス」を選択して、「再起動」をクリックします。

3.再起動が完了します。「Bluetooth サポート サービス」を選択して、「プロパティ」をクリックします。

4.スタートアップの種類を「自動」に選択します。「OK」をクリックします。


以上、AirPodsをPCに接続しても音が出ない時の対処法を説明しました!

上記の方法でまだ解決できなければ、AirPodsをほかのデバイス(スマホ、iPadなど)に接続してください。音がまだ出ない場合、AirPods自身はエラーを出します。その時、ぜひAppleの修理や専門店に修理を申し込みます。

Static Image

いいね!