【Windows 11】動作が重い時の対処法|2022最新

Windows 10をWindows 11にアップグレードすると、様々な不具合が引き出します。多くのユーザーは、動作が重くなり、不幸にしてパソコンがブルースクリーンエラーが発生します。

今回の記事は、Windows11にアップグレードすると、動作が重い時の対処法を詳しく説明します。自分の場合によって最適な対処法をご選択してみてください。


目次


更新プログラムを実行する

Windows 11が2021年10月から発売され、まだ不足なところが多いです。Microsoft社はWindows 11を更新し続けて、基礎的なシステムの上でパッチを追加します。だからこそ、更新プログラムを実行して、システムを更新するのは役に立ちます。

以下は、更新プログラムを実行する手順を紹介します。

1.「スタート」を右クリックして、「設定」をクリックします。

2.システムです。「Windows Update」を選択します。

3.「更新プログラムのチェック」をクリックして、更新できるプログラムがあるかどうかを確認します。あれば、ダウンロードして指示に従ってインストールします。

不具合なドライバーを更新する

Windows 11のみ、新しいシステムにアップグレードすると、ドライバーが不具合になるケースが多いです。問題があれば、デバイスドライバーを最新バージョンに更新してみましょう。

デバイスドライバーの更新は二つの方法があります。

手動

デバイスマネージャーでデバイスのドライバーを更新できます。更新したいドライバーを右クリックして、「ドライバーの更新」をクリックします。そのステップを繰り返して、全てのドライバーを更新します。

ドライバーの数量が多いので、手動的に更新するのは時間をかかります。そして、デバイスマネージャーで更新したのに、最新なドライバーではないことがあります。

さらに、デバイスのメーカーの公式ウェブサイトで最新なドライバーをダウンロードすることもできます。自分で一つずつ探すことが必要です。

自動

ここは「Driver Easy」を利用する必要があります。

「Driver Easy」とは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。

「Driver Easy」はスキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新することがいらなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約します。

特にPro版が技術を頼り、繰り返して更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。確実にソフトを見ることがいらなく、操作が簡単で、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。

以下は、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.スキャンすると、更新必要なドライバーがリストに表示されます。

FREE(数量が多い時、繰り返して更新が必要):

更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックします。指示を従って更新します。

Pro(ワンクリックですべて更新):

右下の「すべて更新」をクリックして更新します。

(この機能がPro版の環境だけで実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能ですので、ご安心ください。)

4.更新すると、PCを再起動して確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップはWindows 11を高速に起動できますが、エラーが引き出すことがよくあります。

1.キーボードで「Win」「R」を同時に押して、「control」を入力し、「OK」をクリックします。

2、「電源オプション」をクリックします。

3.左部で「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

4.「高速スタートアップを有効にする」前のチェックを外にします。

イベントビューアーでWindows ログを確認する

イベントビューアーで、パソコンの出来事やエラーを確認できます。エラーを確認して動作が重い原因を見つけ出すことができます。

以下は、確認する手順を紹介します。

1.キーボードで「Win」「R」を同時に押して、「eventvwr」を入力して「OK」をクリックします。

2.イベントビューアーです。左部で「Windows ログ」をダブルクリックして、真ん中の「Windows ログ」でエラーを確認します。

エラーが発生したら、のような赤いアイコンがWindows ログで見えます。ダブルクリックして、詳細情報が表示されます。

クリーンブートを起動する

クリーンブートを起動すると、干渉を減らし、最小限でWindowsを起動することができ、パソコンへの負担も減少します。

*この方法は時間をかかりますので、最後に置きます。

以下は、クリーンブートを起動する手順を紹介します。

1.「Win」+「R」を同時に押して、「msconfig」を入力して、「OK」をクリックします。

2.「サービス」のタブを選択します。「Microsoft のサービスをすべて隠す」前のチェックを入れます。サービス前のチェックをすべて入れる状態で「すべて無効」をクリックします。「OK」をクリックします。

3.同じ画面で「スタートアップ」のタブを選択します。「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

4.利用する必要がないプロセスを右クリックして、「無効化」をクリックします。そして、右上の「×」をクリックして、先のページに戻ります。

5.タスクマネージャーでの設定が完了すると、以下の画面で「OK」をクリックして設定を保存します。


以上は、Windows 11の動作が重い時の対処法を説明しました!お役に立てれば幸いです。

原因が複雑なので、すべての方法が紹介できなく、申し訳ございません。他の対処法があれば、ぜひ下のコメントでお勧めします。

Static Image

いいね!