PCI データ取得およびシグナル処理コントローラーの探し方|Win11/10

Windows Updateを更新する後、デバイスマネージャーで「PCI データを取得およびシグナル処理コントローラー」の前に黄色い「!」の警告アイコンが付くケースが多いです。

その時、正しいドライバーを探す必要があります。今回の記事は、その問題に応じて、Windows 10と11でPCI データを取得およびシグナル処理コントローラーのドライバーの探し方を紹介します。

*この記事は、Windows 11の図面を採用しますが、Windows 10 ユーザーは、同じ手順で実行できます。


目次


方法① デバイスマネージャーで手動的に更新する

1.キーボードで「Win」「X」を同時に押して「デバイスマネージャー」を選択します。

2.「ほかのデバイス」をダブルクリックして、「PCI データを取得およびシグナル処理コントローラー」を右クリックして、「ドライバーの更新」をクリックします。

*Microsoft社自身の問題で、この方法で最新のドライバーを更新しないかもしれません。

方法② 自動的にドライバーを更新する

自動的にドライバーを探して更新するには「Driver Easy」を利用する必要があります。

「Driver Easy」というソフトウェアは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新することを実現できます。

ドライバーを更新するのは難しいことではなく、本当に迷惑をかけるところは、最適なドライバーを選択してインストールすることです。「Driver Easy」はその問題を完璧に解決します。そして、すべてのドライバーが厳しいMicrosoft認証とDriver Easy内部の認証を取得していて、すごく安心感があります。

その上、Pro版は技術に頼り、ステップを悩むことが要らなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバーのトラブルを修復できます。操作が簡単で、パソコン初心者でも余裕を持って利用できます。定期的にPCをスキャンして、長期的に利用すると、PCの健康を守ります。

以下は、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでネットワークドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての古いドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了します。PCを再起動して確認しましょう。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

方法③ メーカーのホームページで更新する

PCI データを取得およびシグナル処理コントローラーは、マザーボードの一部です。そのため、マザーボードドライバーを更新すると、PCI データを取得およびシグナル処理コントローラーを同時に更新できます。

まず、チップセットの型番を確認する手順を教えます。

1.キーボードで「Win」「X」を同時に押して「デバイスマネージャー」を選択します。

2.「IDE ATA/ATAPI コントローラー」をダブルクリックして、チップセットの型番を確認できます。

3.対応メーカーのホームページで最適なドライバーを選択して更新します。

インテル

NVIDIA

VIA

SiS

*間違って他のドライバーをダウンロードしてインストールしたら、アンインストールして再度選択してダウンロードします。


以上、Windows 10と11でPCI データを取得およびシグナル処理コントローラーのドライバーの探し方を紹介します。お役に立てれば幸いです~

Static Image

2 人はいいだと思います。