「MSVCP140.dll」が見つからないエラーの対処法|Windows 11/10

特定のアプリを起動しようとすると、「msvcp100.dll/msvcp140.dllが見つからないため、コードの実行を続行できません」のエラーが発生する場合があります。本記事では、Windows10と11で「MSVCP140.dll」が見つからないエラーが表示される時の対処法を解説します。

*下の対処法を試す場合は、必ず自己責任の上で行ってください。


目次


自動的にMSVCP140.dllを修復する

MSVCP140.dll ファイルが見つからなければ、新しいMSVCP140.dll ファイルをインストールすると解決できます。DLLエラーをワンクリックで修復できます。

どのシステムで、どのファイルをダウンロードするかを考える必要がなく、Reimageに任せてすべてのDLL エラーが解決できます。時間と手間を省きます。Reimageを利用すると、Windows システムを再インストールする必要がありません。

以下は使用する手順を紹介します。

1.Reimageをダウンロードしてインストールします。

2.ファイルをダブルクリックして起動します。起動すると、自動スキャンが始まります。

3.スキャンが完了すると、「修復を開始」をクリックして、全ての問題が自動的に解決できます。

Microsoft Visual C++ランタイムを再インストールする

Microsoft Visual C++ランタイムがインストールしたのに、MSVCP.dllが見つからないエラーが出るケースがあります。問題が起きた場合は、Microsoft Visual C++ランタイムの再インストールは役に立ちます。

以下は、Microsoft Visual C++ランタイムを再インストールする手順を紹介します。

1.「Win」「R」を同時に押して、「control」を入力して「Enter」を押します。

2.「プログラムと機能」をクリックします。

3. 「Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable」を右クリックして、「アンインストール」をクリックします。

4.アンインストールが完了した後、Microsoft公式サイトでMicrosoft Visual C++ 2015 Redistributable を再インストールできます。言語を選択して、「ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。

他のパソコンでファイルをコピーする

他のパソコンで正常的な MSVCP140.dll ファイルをコピーして、今のパソコンで貼り付けるとエラーが修復できます。

以下は手順を紹介します。

1.同じOSを使っているパソコンを探します。例えば、Windows 10 32-bitを使用している場合、Windows 10 32-bitを探してください。Windows 10 64 bitの方は駄目です。

2.「Win」「E」を同時に押して、ファイルエクスプローラーを開きます。

3.左部でディスク Cをクリックして、「Windows」ファイルをダブルクリックします。

4.「System 32」ファイルをダブルクリックします。

5.「msvcp140.dll」を右クリックして、「コピー」をクリックします。

6.コピーしたファイルを自分のパソコンの同じ場所に貼り付けます。

ウイルス対策ソフトを起動する

ウイルスのせいでMSVCP140.dll ファイルが見つからない場合もあります。信頼できるウイルス対策ソフトを使って、パソコンを整体でスキャンして、ウイルスを削除します。完了すると、パソコンを再起動してMSVCP140.dll ファイルがあるかを確認します。

*補足 ドライバーに不具合があれば…

ドライバーに不具合があれば、パソコンが問題を出したケースが多いです。その時、デバイスドライバーを最新バージョンに更新することが必要です。

でも、ドライバーの数量が多いので、一つずつ手動的にすべてのドライバーを更新するのは時間をかかります。そして、デバイスマネージャーで更新したのに、最新なドライバーではないことがあります。

以下、「Driver Easy」を使って一回ですべてのドライバーを更新する方法を紹介します。

「Driver Easy」はドライバー問題を専門的に解決するソフトです。自動的に最新ドライバーを選択できるし、手動より更新速度が速く、最短時間以内高効率でドライバーの問題を解決できます。

特にPro版は技術を頼り、ただマウスを二回クリックして、すべての問題ドライバーを一回でアップデートできます。つまり、繰り返し更新する必要がないです。ステップも少なく、便利でパソコン初心者でも利用できます。

以下は、ドライバーを更新する手順です。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.更新が必要なドライバーがリストに表示されました。

FREE:更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックします。指示を従って更新します。

Pro:右下の「すべて更新」をクリックして、ワンクリックで更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)


以上、「MSVCP140.dll」が見つからないエラーが表示される時の対処法を紹介しました!

お困りの方に役に立てれば幸いです~

Static Image

1 人はいいだと思います。