【Intel】Wireless-AC 9560に不具合がある時の対処法|エラーコード 10

Windows システムを更新すると、Intel Wireless – AC 9560に不具合があって起動できないことがあったことがありますか?本記事では、Windows 10と Windows 11で Intel Wireless – AC 9560 にコード10というエラーが発生して不具合がある時の対処法を詳しく説明します。


目次


Wi-Fiがオンにするか確認する

一部のラップトップにはWi-Fiのスイッチがあります。普通にラップトップの側面のスイッチとショートカットでオン・オフに転換できます。お使いのパソコンはそのスイッチがあれば、以下の対処法を実行する前に、まずWi-Fiがオンにするかをご確認ください。

システムファイルが破損したか確認する

Intel Wireless-AC 9560に不具合がある原因は、システムファイルやハードウェアなどが壊れるかもしれません。その時、システムファイルを修復すると不具合が修復できます。

ここでは、「Reimage」でWindows システムを修復することをお勧めします。

「Reimage」とはなにか?

専門的にWindowsを修復するソフトウェアです。プログラム、カスタム設定、データを壊さず、自動的にシステムファイルを換えることができます。

2500万個のシステムコンポーネントがあるデータベースを通して、Reimage はシステムを破壊する原因を見つけ出して、そして修復できます。時間と手間を省きます。Reimageを利用すると、Windows システムを再インストールする必要がなくて、一時間でWindows システムを再インストールするような効果が得られます。

以下はReimageでシステムを修復する手順を紹介します。

1.「Reimage」をダウンロードしてインストールします。

2.開くと、Reimageが自動的にパソコンをスキャンします。

3.スキャンが完了すると、「修復を開始」をクリックして、全ての問題が自動的に解決できます。

4.修復が完了すると、パソコンを再起動して確認します。

AC 9560を再起動する

1.「スタート」を右クリックして、「デバイスマネージャー」をクリックします。

2.「ネットワークアダプター」をダブルクリックして、Intel Wireless-AC 9560を右クリックして、「デバイスを無効にする」をクリックします。

3.「このデバイスを無効にすると機能しなくなります。このデバイスを無効にしますか?」が見ると、「OK」をクリックします。

4.パソコンを再起動して、もう一回ステップ1とステップ2を実行して、「デバイスを有効にする」をクリックします。

AC 9560 ドライバーを更新する

Wireless-AC 9560に不具合があってデバイスが起動できない時、ドライバー問題が発生した場合が多いです。その時、ドライバーを更新すると問題が解けます。

Intel 公式サイトで手動的に最新のAC 9560 ドライバーを探してダウンロードできます。以下は手順を紹介します。

1.インテル Wireless-AC 9560の製品仕様ページを開いて、下に移動して「ダウンロードとソフトウェア」をクリックします。

2.お使いのパソコンによって最適なドライバーを選択して「詳細を見る」をクリックします。

3.「ダウンロード」をクリックして、指示に従ってインストールします。完了するとパソコンを再起動して確認します。

お使いのパソコンにインターネットがない場合、別のパソコンでDriver Easyというソフトウェアをダウンロードして、そしてお使いのパソコンでDriver Easy をインストールします。Driver Easy のオフラインスキャン機能がありますので、ネットがない状態で最新なドライバーをインストールできます。

Driver Easyとは、パソコン初心者でも使えて専門的にドライバーを更新するソフトウェアです。パソコンのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できます。

スキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新する必要がなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約できます。提供しているすべてのドライバーが厳しいMicrosoft認証とDriver Easy内部の認証を取得していて、すごく安心感があります。

Pro版は技術に頼り、繰り返し更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。操作もシンプルで、別のドライバー問題も解決できます。

以下は「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.検出されたドライバーがリストに見られます。

FREE:リストでオーディオドライバーを探し、右側の「更新」をクリックします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリックで全ての問題ドライバーを更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新が完了すると、パソコンを再起動します。

ここではDriver Easyのオフラインスキャン機能を実行する手順を紹介します。

1.まず、ネットがないパソコンでオフラインスキャンします。

1)「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2)Driver Easyを起動して、左部のメニューで「ツール」をクリックします。

3)左部で「オフライン スキャン」をクリックして、「オフライン スキャン(インターネット アクセスのないコンピューター)」前のチェックを入れて、「続行」をクリックします。

4)「参照」をクリックして、オンラインスキャン結果の保存先を選択して、右下の「オフライン スキャン」をクリックします。

5)「OK」をクリックして、オフラインスキャンファイルがパソコンに保存されました。

6)保存先を開いて、オフラインスキャンファイルをコピーして、ネットがあるパソコンに貼り付けます。

2.オフラインスキャンファイルをネットがあるパソコンで更新します。

1)このパソコンでDriver Easyをダウンロードしてインストールします。

2)Driver Easyを起動して、左部のメニューで「ツール」をクリックします。

3)左部で「オフライン スキャン」をクリックして、「オフラインスキャンファイルのアップロード(インターネット アクセスがあるコンピューター)」前のチェックを入れて、「続行」をクリックします。

4)「参照」をクリックして、オンラインスキャン結果の保存先を選択して、右下の「続行」をクリックします。

5)「ダウンロード」をクリックしてネットドライバーをダウンロードします。ファイルの保存先を選択して、ダウンロードしているプロセスを完成するまでお待ちしております。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

WLAN AutoConfig サービスをオンにする

WLAN AutoConfigというWindowsサービスはパソコンのWi-fi 機能をコントロールします。 WLAN AutoConfig を有効にすると機能が修復できます。

以下は WLAN AutoConfig サービスをオンにする手順を紹介します。

1.「Win」「R」を同時に押して、「service.msc」を入力して「Enter」キーを押します。

2.移動して「WLAN AutoConfig」というサービスを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

3.スタートアップの種類を「自動」に選択して、サービスの状態を「実行中」に保証します。状態が「実行中」ではなかったら、「開始」をクリックして起動します。すべての設定が完成すると、「OK」をクリックします。

パソコンをコールドリブートする

コールドリブートとは、パソコンの電源を完全に切った状態で再起動することです。ユーザーからのコメントで、パソコンの電源を切ってリブートすると不具合が修復できるケースがありますので、上記の対処法が役に立たない時お試しください。

しかし、コールドリブートはパソコンのハードウェアへの悪影響は無視できませんから、ご注意ください。


以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

Static Image

いいね!