【Kernel-Power 41】KP41病の対応策一覧|Windows10向け

 Kernel-Power 41(KP41病)は、PCで有名なシステムエラーです。PCでゲームをプレイする時、以下の状況を会えば、「Kernel-Power 41」というエラーが発生した可能性があります。

・パソコンがフリーズ

・ブルースクリーンになる

・原因なくPCがしきりに再起動する

・頻繫にハングアップする

 Windows10が上記の異常事態が発生した時、イベントビューアーで、ソースが「Kernel-Power」、イベントIDが「41」が表示されるかどうかを確認します。特に自作パソコンがKP41病になった可能性が高いです。この記事がユーザーたちの悩みを解けるためKerneⅼ-Power 41・KP41病になった時の対応策を紹介します。

 

イベントビューアーを起動する方法

 まず、イベントビューアーでエラーが「Kernel -Power 41」かどうかを確認します。以下はイベントビューアーを開ける手順です。

1.「Win」「R」を押し、ランボックスで「eventvwr」を入力し、「OK」をクリックします。

2.出来ました!エラーをちゃんと確認してください。

KP41病の対応策

対応策➀ 省電力の電源プランをオフにする

1.「スタート」を右クリックし、「システム」を選びます。

2.左側の「電源とスリープ」を選択し、関連設定の「電源の追加設定」をクリックします。

3.省電力の電源プランを無効にします。

対応策② 高速スタートアップを無効にする

1.「スタート」を右クリックし、「システム」を選びます。

2.左側の「電源とスリープ」を選択し、関連設定の「電源の追加設定」をクリックします。

3.左側の「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

4.シャットダウン設定で、「高速スタートアップを有効にする」を無効にします。そして「変更の保存」をクリックします。

5.設定が完成すると、再起動してイベントビューアーを確認します。

対応策③ 複数なオーディオドライバーを無効にする

1.「スタート」を右クリックし、デバイスマネージャーを開きます。

2.「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」前の矢をクリックし、今使いないドライバーを右クリックし、「デバイスを無効にする」をクリックします。上記のステップを繰り返して複数のオーディオドライバーを無効にします。

対応策④ デバイスドライバーを更新する

 問題があるドライバーを確かに検出して、ステップを簡単にするため、ここが「Driver Easy」をおすすめます。

 「Driver Easy」は専門的にドライバー問題を解決するソフトで、ドライバーのスキャン、自動更新、バックアップ、再インストールなどの実用的な機能があります。KP41病の起因が多く、「Driver Easy」のスキャン機能を通して、問題ドライバーを発見します。そして、Pro版を使うと、マウスをただ二つクリックしてすべてのドライバーをアップデートできます。ステップが簡単で、Kernel Power 41のような重大エラーを誰でも解決できます。Proバージョンが商品購入日より30日以内全額返金が可能で、ご安心して利用しましょう!

 以下は手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.ダウンロードした後起動します。「今すぐスキャン」をクリックして問題ドライバーを検出します。

3.スキャンすると、問題ドライバーがリストにします。FREEもProも自動的に更新できます。

FREE:更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックして、そのドライバーを更新できます。指示を従って更新してインストールします。システムが正しいドライバーを自動的に選びます。インストールすることが手動で完成してください。

Pro:右下の「すべて更新」をクリックして、ワンクリックでドライバー問題を解決します。Proバージョンをアップグレード説明は、すべて更新をクリックして詳しい説明があります。

4.更新が完成すると、イベントビューアーで確認します。もし更新しても解決できない時、ドライバーのわけではないという意味です。次のステップに行きます。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)に連絡 してください。

対応策⑤ Windows10のシステム更新をする

1.「スタート」をクリックで、「設定」(ギアマーク)をクリックします。

2.「更新とセキュリティ」を選択します。

3.「更新プログラム」をクリックし、更新できるシステムがあれば、指示に従ってダウンロードしてインストールします。完成した後再起動してイベントビューアーを確認します。

対応策⑥ ウイルス対策ソフトをアンインストールする

 ウイルス対策ソフトがパソコンのバックグランドで運行し続き、パソコンにエラーになることがあります。ウイルス対策ソフトをアンインストールする手順を紹介します。

 他のソフトと同じ、Windowsの設定でアンインストールします。

1.「スタート」をクリックし、「設定」(ギアマーク)をクリックして開きます。

2.「アプリ」をクリックします。

3.「Driver Easy」を例にします。ソフトをクリックし、「アンインストール」のボタンをクリックし、指示に従ってアンインストールします。再起動してイベントビューアーをチェックします。

対応策⑦ PCを初期状態を戻す

1.「スタート」をクリックし、「設定」をクリックします。

2.「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

3.左側の「回復」をクリックし、「開始する」をクリックし、一時間ぐらいを待つと完了します。

対応策⑧ 「CHKDSK」を実行する

 CHKDSK(Microsoft Check Disk)は、ファイルシステムをチェックしてエラーを修復できるコマンドです。「chkdsk」が修復オプションのドライブレターを加えると、異なる機能があります。以下は「CHKDSK」を実行する手順です。

1.「Win」「R」を同時に押し、ランボックスを開きます。「cmd」を入力し、「Shift」「ctrl」「Enter」を同時に押し、コマンドプロンプト(管理者)を開きます。

2.「chkdsk」を入力して、半角スペースを入力し、チェック対象となるドライブレターを入力します。「chkdsk /?」を実行すれば、色んなスイッチが表示され、検出された問題を対応してドライブレターを入力します。時間がかかるのでこの策を使う前にちゃんと考えてください。

対応策⑨ 外部設備をを取り外す

 外部設備が多すぎて、システムに負担をかけ、KP41病を引き出す可能性があります。シャットダウン状態で、マウスとキーボードのような基本設備以外の設備を取り出します。そして再起動してもう一度確認します。

対応策⑩ RAMやGPUを再接続する

 RAMやGPUを再接続すると、KP41病を報告されるケースがあります。その時、PCを開けRAMやGPUを再接続します。しかし、この行為が産品の修理が保証しないので、ちゃんと考えて実行します。試す場合は必ず自己責任の上で行ってください。当サイトでは責任は持てません。

対応策⑪ パソコンのベテランと相談する

 上記の方法を試しても解決できない方、特に初心者や自信がない方は、パソコンの専門知識を持ったメーカーや販売店・パソコン修理業者に相談することをお勧めします。彼らはパソコンのKernel Power 41エラーの要因を分析して最適な方法をすすめできます。

Static Image

いいね!

Leave your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *