【Windows 10/11】デバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされない時の対処法

デバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされませんでした。

「デバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされませんでした。」エラーはWindows 10と11のユーザーでよく発生します。今回の記事では、Windows 11でデバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされない時の対処法を解説します。

Windows 10のユーザーにとって、この記事も参考となります。

目次

デバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされない原因

対処法① ドライバーを最新バージョンに更新する

対処法② 使用必要なしのプロセスを終了する


デバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされない原因

多くの場合、以下の原因でデバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされません。

  • ドライバーの不具合のせいでパソコンがデバイスが認識できない
  • 他のソフトウェアとコンフリクトがある
  • 互換性の問題
  • デバイスドライバーが正常にインストールされない

対処法① ドライバーを最新バージョンに更新する

ドライバーはパソコンとデバイスを接続して連絡する「橋」の役を実行しています。ドライバーの不具合でパソコン問題が発生したケースが多いです。そして、パソコンばかりでなく、パソコンと接続しているデバイスも反応しなくなる場合があります。そのため、デバイスドライバーを最新バージョンに更新することが必要です。

以下、三つの方法を紹介します。自分で最適な方法を選びましょう~

メーカーのウエブサイトでドライバーを更新する

今使っているグラフィクスカードによって、対応するグラフィックカードの公式サイトで適用可能な最新バージョンのドライバーを選択して、指示に従ってダウンロードしてインストールします。

よく使われるグラフィックカードのドライバーダウンロードセンターのサイトを下記に提供します。

Driver Easyでドライバーを最新バージョンに更新する(推奨)

しかし、どのドライバーがエラーが出すか、原因が不明で、ユーザーは一つずつ手動的にすべてのドライバーを更新するのは難しいです。また、デバイスマネージャーで全部更新したのに、最新バージョンではないこともよくあります。

以下、「Driver Easy」で一回ですべてのドライバーを簡単に更新する方法を紹介します。

Driver Easy はドライバー問題を専門的に解決するソフトです。自動的に最新ドライバーを選択できるし、手動より更新速度が速く、最短時間以内高効率でドライバーの問題を解決できます。

特にPro版は技術を頼り、ただマウスを二回クリックして、すべての問題ドライバーを一回でアップデートできます。つまり、繰り返し更新する必要がないです。画面がわかりやすく、ステップも少なく、便利でパソコン初心者でも利用できます。

以下は、ドライバーを更新する手順です。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.更新が必要なドライバーがリストに表示されました。

FREE:更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックします。指示を従って更新します。

Pro:右下の「すべて更新」をクリックして、ワンクリックで更新します。

(この機能はPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日間全額返金が可能ですので、ご安心ください。)

4.更新が完成すると、PCを再起動して確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

デバイスマネージャーでドライバーを更新する

1.「スタート」を右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックして開きます。

2.更新したいデバイスドライバーを右クリックして「ドライバーの更新」をクリックします。

3.「ドライバーを自動的に検索」をクリックすると、パソコンがドライバーを検索して更新します。

4.更新が完了すると、パソコンを再起動します。

この方法で更新したドライバーは最新・最適のドライバーではない場合があります。

対処法② 使用必要なしのプロセスを終了する

知らない時にバックグランドで多くのプロセスが運行しています。アプリのウインドウを閉めても、完全に終了する場合がよくあります。そちらのプロセスで、デバイスドライバーソフトウェアの間でコンフリクトがあります。以下、プロセスを完全に終了する方法を紹介します。

1.「スタート」を右クリックして「タスクマネージャー」を起動します。

2.今使い必要がないプロセスを右クリックして、「タスクの終了」をクリックします。

まだ問題があるでしょうか?このツールでPC問題を解決できます:

上記の対処法で解決できない場合、システムファイルやハードウェアなどが壊れる可能性が高いです。その場合、パソコンを正常に使用するため、できるだけ早く破損したファイルを修復すべきです。サードパーティーツールの力を貸してパソコンを全面的に健康診断できます。

ここでは、「Reimage」でWindows システムを修復することをお勧めします。

「Reimage」とは?

専門的にWindowsを修復するソフトウェアです。プログラム、カスタム設定、データを壊さず、自動的にシステムファイルを換え、PCの最高性能を回復させます。

2500万個のシステムコンポーネントがあるデータベースを通して、Reimage はシステムを破壊する原因を見つけ出して、そして修復できます。Windows システムを再インストールする必要がなくて、一時間でWindows システムに再び生かす効果を得ます。

60日間全額返金保証があり、ご安心してお試しください~

以下はReimageでシステムを修復する手順を紹介します。

1.「Reimage」をダウンロードしてインストールします。

2.開くと、Reimageが自動的にパソコンをスキャンします。

3.スキャンが完了すると、「修復を開始」をクリックして、全ての問題が自動的に解決できます。

4.修復が完了すると、パソコンを再起動して状況を確認します。


以上、Windows 11でデバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされない時の対処法を解説しました。お役に立てれば幸いです~

Static Image

いいね!