【かんたん】デバイスマネージャーでカメラがない時の対処法

パソコンのカメラが映らなくなり、カメラドライバーを更新したいと思いますが、カメラドライバーを探せないことがありますか?

ご心配なく、本記事では、デバイスマネージャーでカメラドライバーを探さない時の対処法を紹介します。


目次


カメラにアクセスできるようにする

アクセスできるようにしないと、カメラ機能が使用できないです。まず、以下の手順に従って確認しましょう。

1.「Win」「I」を同時に押して、「プライバシー」をクリックします。

2.左部で「カメラ」をクリックして、「アプリがカメラにアクセスできるようにする」下のボタンをオンにします。

手順2を実行できなければ、「このデバイスのカメラへのアクセスを許可する」下の「変更」をクリックして、「このデバイスのカメラのアクセス」をオンにします。

デバイスドライバーを更新する

ドライバーに不具合があれば、デバイスマネージャーでカメラドライバーを探すことができないです。

ここでは「Driver Easy」を使ってデバイスドライバーを自動的に更新することをお勧めします。

「Driver Easy」とは、PCのドライバー問題を発見して、数多くのドライバーで一番最適なドライバーを選択して、自動的にドライバーを更新できるソフトウェアです。

「Driver Easy」はスキャン機能があり、問題ドライバーを検出することができます。つまり、すべてのドライバーを一つずつ更新することがなく、ただ問題ドライバーを更新でき、大幅に時間を節約できます。

特にPro版は技術に頼り、繰り返し更新することがいらなく、ただマウスを二回クリックして、一回ですべてのドライバートラブルを修復できます。確実にソフトを見ることがなく、操作が簡単で、パソコン知識がなくても余裕を持って利用できます。

以下は、「Driver Easy」で自動的に更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.起動して、「今すぐスキャン」をクリックします。

3.スキャンすると、更新に必要なドライバーがリストに表示されます。

FREE:更新したいドライバーの右側の「更新」をクリックします。指示に従って更新します。

Pro:右下の「すべて更新」をクリックして更新します。

(この機能はPro版の環境だけで実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能ですので、ご安心ください。)

4.更新すると、PCを再起動して、デバイスマネージャーを開き、カメラドライバーがいるかを確認します。


サポートが必要な場合は、Driver Easyのサポートチーム (support@drivereasy.com)にご連絡ください。

手動で更新する方法もあります。今使っているPCのメーカーのホームページで最新バージョンのドライバーを探して更新します。ホームページでドライバーの種類が多いですので、ダウンロードする前にちゃんと注意してください。間違って別のドライバーをダウンロードすれば、アンインストールして再度探してダウンロードする必要があります。

ハードウェア変更をスキャンする

実際、今使っているパソコンにはカメラドライバーがあります。その状況でハードウェア変更をスキャンするとドライバーが見られます。

1.「Win」を右クリックして、「デバイスマネージャー」をクリックします。

2.カメラ・イメージ デバイス・USB デバイスをクリックして、「操作」タブをクリックして、「ハードウェア変更のスキャン」をクリックします。

3.PCを再起動してカメラのドライバーがいるか確認します。

レガシカメラドライバーを追加する

すべてのドライバーが最新版ですが、まだカメラドライバーが見えない場合、手動でドライバーを追加すると修復できます。

1.カメラ・イメージ デバイス・USB デバイスをクリックして、「操作」タブをクリックして、「レガシ ハードウェアの追加」をクリックします。

3.ハードウェアの追加が開始します。「次へ」をクリックします。

4.「カメラ」をクリックして、「次へ」をクリックします。手順に従って追加します。完了するとパソコンを再起動して、デバイスマネージャーで確認します。

ハードウェアをトラブルシューティングする

ハードウェアをトラブルシューティングすると、問題が発生する原因を解明できます。以下は手順を紹介します。

1.キーボードで「Win」「R」を同時に押して、「cmd」を入力して「Enter」を押します。

2.「msdt.exe -id DeviceDiagnostic」を入力して「Enter」を押します。

3.以下の画面が見られます。「次へ」をクリックします。

4.「この修正を適用します」をクリックします。クリックするとトラブルシューティングが開始します。完了するとパソコンを再起動します。

カメラをリセットする

ある時、カメラアプリの設定情報に問題があれば、デバイスマネージャーでカメラを探さないといけません。カメラを初期化すると解決できます。

以下はカメラを初期化する手順を紹介します。

1.「Win」「I」を同時に押して、Windowsの設定を開きます。「アプリ」をクリックします。

2.アプリで「カメラ」を探して、「詳細オプション」をクリックします。

3.「リセット」をクリックします。完了すると、パソコンを再起動します。


以上は、デバイスマネージャーでカメラがない時の対処法を紹介します。まだ解決できなければ、パソコン専門店にご相談ください。

お役に立てれば幸いです~

Static Image

いいね!