「超簡単」バッテリードライバーを更新する方法|Windows

ノートパソコンを利用する時、バッテリーを交換すると、あるいはACアダプターを挿入すると、バッテリーがうまく充電できなく、「Plugged in, not charging」というメッセージを表示されることがあります。その問題に対して、Windowsでバッテリードライバーを更新するのはいい方法となります。

本記事は、誰でも簡単にバッテリードライバーを更新できる方法を紹介します。


目次

方法① 手動でバッテリードライバーを更新する

方法② 自動でバッテリードライバーを更新する(初心者向け)


方法① 手動でバッテリードライバーを更新する

この方法は、パソコンに関する知識と技術を持っている必要があります。

デバイスマネージャーを開き、バッテリードライバーを探し、Microsoft AC AdapterとMicrosoft ACPI-Compliantを右クリックし、指示に従ってドライバーを更新します。

残念ながら、この方法は、かかる時間が長く、そしてWindowsシステム自身の問題で、更新しても最新バージョンのドライバーではないことがあります。

正しい最新バージョンのドライバーをダウンロードするのは、バッテリーメーカーの公式サイトで、今使っているバッテリーに基づく、最適なバージョンを手動でダウンロードしてインストールします。

時間がかかり、ドライバーのバージョンが間違ったら、先インストールしたドライバーをアンインストールすべきです。

方法② 自動でバッテリードライバーを更新する(初心者向け)

ここは「Driver Easy」を利用する必要があります。

「Driver Easy」はドライバー問題を専門的に解決するソフトです。バッテリードライバーを限りません。自動的に最新ドライバーを選択できるし、手動より更新速度が速く、高効率でグラフィックドライバーの問題を解決します。「Driver Easy」が毎日ドライバーをアップデートして、ユーザーが毎回利用する時、一番最新なドライバーを更新できます。

FREEとProも、自動的に更新できますが、Pro版が技術を頼り、ただマウスを二回クリックで、すべての問題ドライバーをアップデートできます。ステップが少なく、便利でパソコン初心者でも利用できます。

そして、ドライバー問題も一回で解決できるので、「Driver Easy」で更新する後、まだ問題が処理できなくても、ドライバー方面のことを考えなくでも大丈夫です。つまり、バッテリードライバーを更新しても、充電できなかったら、バッテリードライバーの問題ではなく、ACアダプターを交換するなどの解決策に行くほうがいいです。

以下は、バッテリードライバーを更新する手順を紹介します。

1.「Driver Easy」をダウンロードしてインストールします。

2.ソルトを起動します。「今すぐスキャン」をクリックして、古いドライバーを検出することが開始します。

3.検出されたドライバーがリストにしております。

FREE:リストでバッテリードライバー(Microsoft AC AdapterとMicrosoft ACPI-Compliant)を探します。右側の「更新」をクリックします。指示に従って、自動的に最新バージョンのドライバーをダウンロードし、そして手動でインストールします。

Pro:右下の「今すぐスキャン」をクリックし、ワンクリック更新します。クリックすると、自動的にドライバーをダウンロードしてインストールします。

(この機能がPro版の環境で実行します。クリックすると詳しい説明があります。商品購入日より30日以内であれば、全額返金が可能です。安心して利用できます。)

4.更新する後、ノートパソコンを再起動して充電します。


以上は、簡単にバッテリードライバーを更新する二つの方法を紹介しました!

お役に立てれば幸いです~

Static Image

いいね!